まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

トム・ハンクスさん、MCUが映画館を救う鍵となるだろうと語る

投稿日:

2020年は新型コロナウイルスの大流行によって、公開予定の映画やすでに開発中の映画の多くは、公開が延期されたり、ストリーミングサービスに追いやられたりしており、映画館の将来が疑問視されています。そんな中、俳優のトム・ハンクスさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)が映画館が存続するために必要なものになると海外メディア Collider とのインタビューで語りました。

sponsored link
 

ハンクスさんは自身が主演を務める新作映画「NEWS OF THE WORLD」のインタビューの中で、MCUが映画館が生き残るために必要なビジネス救済の救世主になるかもしれないと考えていることを明らかにしました。

映画館が生き残る可能性について質問されたハンクスさんは、「MCUが映画館が生き残るために必要なビジネス救世主かもしれない。(中略)ある意味では、映画館がオープンしたら、出展者はどんな映画を上映するかを自由に選べるようになると思うんだ。映画館では、大規模なイベント映画が一日を支配することになるでしょう。NEWS OF THE WORLD は、どこかの大きなスクリーンで上映される、最後の大人の映画になるかもしれません。」と自身の考えを明かしました。

続けて、「パンデミックの後は大作のイベント映画が映画館を席巻することでしょう。観客が映画館に来るよう、MCUや他のシリーズ映画が出てくると思います。家のソファで観ると、視覚的なインパクトが弱まってしまう。だからあの手の映画は大スクリーンで観たいと思うんですよね」と語りました。

ハンクスは、今映画館業界に起こっている変化はもともと「ゆるやかに起こり続けていたこと」だとも述べました。「ストリーミングでしか見られない映画が多くなると思います。だけど僕は、それでいいとも思うんですよ。自宅の大きなテレビで作られ、構成された映画も現に存在するわけだから」と付け加えました。

米国では一時期劇場の全館閉鎖の事態となり、そこから徐々に再開しつつありますが、まだまだ例年の水準には達していません。2021年は映画業界にとってどのような年となるのでしょうか。

次のMCU作品はドラマ「ワンダヴィジョン」で 2021年1月15日 ディズニープラスで配信開始。映画は「ブラックウィドウ」が5月7日に米国で公開予定(日本は4月29日に先行公開)となっています。

ソース:Tom Hanks Believes Marvel Cinematic Universe Will Save Theaters

-映画
-,

執筆者:

関連記事

米ディズニープラスでMCU13作品がIMAX対応に

米ディズニープラスが2021年11月12日のディズニープラスデイから、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の13作品を対象にIMAX拡張アスペクト(画面比率)が導入される事を発表しました。同 …

シャン・チー役シム・リウさんがメビウスの夢を代わりに体験する

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」で主演を務める俳優のシム・リウさんが、自身のSNSでバカンスを楽しむ様子を公開しました。それはドラマ「ロキ」に …

映画「X-MEN」とシリーズ他3本、11月20日からディズニープラスで配信開始!

日本で展開中の動画配信サービス「ディズニープラス」で映画「X-MEN」(2000年)、「ウルヴァリン:SAMURAI」 (2013年)、「X-MEN:フューチャー&パスト」(2014年)、 「X-ME …

ベネディクト・カンバーバッチさん、「スパイダーマン:NWH」は「最も野心的な映画」と説明したトム・ホランドさんに反論 ─ 賛否両論の作品に

ソニー・ピクチャーズ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にドクター・ストレンジとして出演するベネディクト・カンバーバッチさんが海外メディア …

デッドプールとコーグが映画「フリー・ガイ」のPR動画で共演

20世紀スタジオの映画「フリー・ガイ」のPR動画で、俺ちゃんことデッドプールと、映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」等に登場したコーグが共演しました。マーベル・スタジオが制作中の「デッドプール3」に …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」の第2弾トレーラーとRealityトレーラーの注目ポイントをピックアップ
NEXT
ベネディクト・カンバーバッチさん、本物の顎髭姿を公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。