まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

コミック

マーベル版「ウルトラマン」の新アートが公開

投稿日:2020年3月1日 更新日:

シカゴで開催中のC2E2-2020の会場で公開されたマーベル版ウルトラマンの新しいアートがマーベル公式HPや公式ツイッターで公開されました。

このシリーズは全5号のミニシリーズで「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」というタイトルで物語を展開し、ライターのカイル・ヒギンズさんとマット・グルームさん、そしてアーティストのフランチェスコ・マンナさんによって描かれます。

ヒギンズさんは「数年前、パワーレンジャー(※)を手掛けたおかげで、特撮についてもっと知り、学ぶことができました。その非常に異なる慣習とインスピレーションにより、特撮、特にウルトラマンは私にとって大きな喜びの源でした。スーパーヒーローのストーリーテリングの構造で私たちが考えているものに至るまで、可能性に満ちたジャンルです。ウルトラマンをマーベルに連れて行くことは名誉であり特権でもあります。」とコメントしました。

カイル・ヒギンズさんの代表作「マイティ・モーフィン・パワーレンジャー」は日本特撮番組である「スーパー戦隊シリーズ」(東映)の英語圏向けローカライズ版。

また、グルームさんは「フィクションのモンスターは私たちの世界で暗くて怖いものをすべて具現化してきました。しかし、円谷英二のように、私たちの最も差し迫った問題の規模の巨大さを理解している人は誰もいないと思う。彼は暗闇が高層ビルと同じくらいの高さで頭上に迫っていることを想像した。しかし彼はまた、私たちが最悪の衝動を超えて高貴な生き方を受け入れることによって、それらの怪獣に立ち向かうことができると想像していた。そうやって彼はウルトラマンを思い描いたのです。この複雑で矛盾したフィクションの世界では、それはどういう意味なのかを探求するつもりです。」とコメントしました。

ウルトラマン#1は2020年の後半に発売予定です。

-コミック
-

執筆者:

関連記事

マーベル公式 How to Draw 「スパイダーマン(マイルズ・モラレス)」の動画が公開

マーベルは各アーティストによるマーベルキャラクターの描き方講座の動画「How to Draw」を配信中。 今回はスーペリアスパイダーマンなどを手掛けてきたマイク・ホーソーンさんによる「スパイダーマン( …

コミック「アメイジング・スパイダーマン」#850のトレーラーが公開

マーベルはコミック「アメイジング・スパイダーマン」の記念号となる#850のトレーラーを公開しました。 sponsored link   #850ではライターのニック・スペンサー氏によるストーリーが続き …

コミック「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」のカバーアートが公開

マーベルから出版されるコミック「ザ・ライズ・オブ・ウルトラマン」のカバーアートが公開されました。コミック#1のカバーをアーティストのアレックス・ロスさんが手掛けるとのことです。 sponsored l …

コミック「エターナルズ」の新たなカバーが公開され、エターナルズとアベンジャーズの全面戦争を示唆

マーベル・コミックが来年2022年3月に発売予定のコミック「エターナルズ #10」のカバーを公開しました。ライターのキーロン・ギレンさんとアーティストのエサド・リビッチさんによってエターナルズの神話は …

マーベルが「X-MEN:HELLFIRE GALA」2022のコスチュームを紹介

マーベルが6月発売予定のコミック「X-MEN:HELLFIRE GALA#1」より、各キャラクターの新たなコスチュームを発表しました。今回クラコアのグリーンカーペットに登場するのはミュータントだけでは …

PREV
【映画紹介】「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」友情が、友情を引き裂く【MCU Vol.13】
NEXT
マーベルが新しいスマホ用オープンワールドRPG「MARVEL Future Revolution」を発表

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。