まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

グッズとイベント 映画

ディズニー「アベンジャーズ・キャンパス」トム・ホランドさん出演のスパイダーマンアトラクション、ファーストルック映像が公開

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)初のテーマパークとなるディズニーの「アベンジャーズ・キャンパス」で、新アトラクション「ウェブ・スリンガーズ/ア・スパイダーマン・アドベンチャー(原題)」のファーストルックが公開されました。映画と同じくトム・ホランドさんが出演されます。

sponsored link
 

冒頭で「ディズニーのクリエイターが生み出したものは、本当に圧巻です」と語るホランドさんが出演するこのアトラクションは、来場者がワールドワイド・エンジニアリング・ブリゲード(通称WEB)に参加して、様々な任務をこなしスパイダーマンをサポートします。

特別設計されたこのアトラクションでは革新的なテクノロジーが採用されており、映画のスパイダーマンと同じような体の動きをすることで、来場者も映画のように自分の手首からウェブを伸ばす映像を3Dメガネで体験できるとのこと。

公開された映像ではピーター・パーカーに扮したホランドさんがWEBに乗り込み、スパイダーボットの大群を阻止しなければならないというミッションでライダーたちをWEBに誘導しています。また、アベンジャーズ・キャンパス内での乗り物の詳細や設置場所も明らかにされており、再開した際にはどのような展開が待っているのか楽しみがあるとの事です。

アベンジャーズ・キャンパスではこの他、「アントマン」のピム博士の研究所をモチーフとしたレストランや、映画「アベンジャーズ」で話題になったシャワルマが食べられるフードカートなどが登場。

「アベンジャーズ・キャンパス」は2021年中の開場を目指して準備が進められています。

ソース:マーベル公式

-グッズとイベント, 映画
-

執筆者:

関連記事

カート役デヴィッド・ダスマルチャンさんは映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に戻れるか分からないと言う

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン」シリーズで主人公スコット・ラングの泥棒仲間、カート役を演じる俳優のデヴィッド・ダスマルチャンさんが、シリーズ最新作「アントマン&ワスプ …

ジェームズ・ガン監督が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」の脚本が完成したことを明かす

2020年末のDisney Investor Day 2020で発表されたディズニープラス配信作品「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:ホリデー・スペシャル」の脚本が完成したことを、ジェームズ・ガン監 …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなスポットでとあるクロスオーバーの可能性が話題に

来月公開予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たなスポット「Experience」が公開されました。新規公開となるシーン …

マーベル・スタジオ副社長、「シャン・チーはシム・リウ以外の選択肢はなかった」事を明かす

マーベル・スタジオ制作の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のワールドプレミアイベントで、マーベル・スタジオのビクトリア・アロンソ副社長が海外メディア Variety とのインタビューに応じ、シ …

コミコン@ホームで映画「ニュー・ミュータンツ」の冒頭映像と新トレーラーが公開

現在開催中のコミコン@ホームのパネルにて映画「ニュー・ミュータンツ」の冒頭映像と新トレーラーが公開されました。 sponsored link   ※動画内の24分過ぎ頃から冒頭映像が流れ、そのまま新ト …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」の1話、2話のエピソードタイトルが追加される
NEXT
マイケル・ダグラスさん、映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」の公開は2022年とポロリ

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。