まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「モービウス」マイロ役のマット・スミスさんがレビューについて「乗り越えていくしか無い」とコメント

投稿日:

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」で主人公モービウスの親友マイロを演じたマット・スミスさんが、本作の否定的なレビューについて失敗を認め「乗り越えていくしか無い」と、海外メディア Rolling Stone とのインタビューの中で語りました。

sponsored link
 

マット・スミスさんは「バスの下に投げ出されたようなものです。でも、それを乗り越えていくしかありません。他にどうするんと言うんでしょう?これはただの映画で、結局のところ、誰かの命を救うわけではないんです。どんな理由であれ、うまく行きませんでした。」と語りました。

また、ComicBook.com のイベントに出席した際、本作のネットミームを引用した司会者が「マット、イッツ・モービンタイム!」と呼びかけた際には「それ何?」との反応を示しました。そしてモービウスのファンの間で流行っている言葉だと説明されたマット・スミスさんは「そのファンたちは僕が出演したものとは別の映画を見たんじゃないかな」と、自身が出演した「モービウス」にファンはいないと自虐的なジョークを飛ばしました。

「モービウス」の興行収入は世界で約1.6億ドルとなっており、「ヴェノム」の8億ドル、「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の5億ドルと比べると映画公開前の期待とはかなり低くなっています。また、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で最も興行収入が低い「インクレディブル・ハルク」の2.6億ドルにも届きませんでした。

本作にロドリゲス捜査官役で出演したアル・マドリガルさんはこの失敗の原因について「コロナのパンデミックによる公開延期が続く中で、映画をいじくり回し(編集し)すぎた」と考えている事を過去のインタビューにて明かしています。

映画「モービウス」はDVD、Blu-rayなどが発売中、各種ストリーミングサービスでも配信中です。

ソース:Matt Smith: from Time Lord to Targaryen prince

-映画
-,

執筆者:

関連記事

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ミッド&ポストクレジットシーン解説

いよいよ公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」。今回もミッドクレジットシーンとポストクレジットシーンのふたつが用意されて …

ディズニーが実写版「ムーラン」を再延期から一転ディズニープラスで公開 ─ 「ブラックウィドウ」への影響は?

ディズニーが実写映画「ムーラン」をディズニープラスで直接配信することを発表しました。「ムーラン」は 2020年3月9日 劇場公開予定でしたが、新型コロナウイルスの影響を受け 2020年9月4日 へと延 …

ジェームズ・ガン監督がガーディアンズ2のリハーサル写真を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が自身のTwitter上で2作目の撮影時のリハーサル写真を公開しました。 spo …

サム・ライミさんが正式に「ドクター・ストレンジitMoM」の監督に! ─ スパイダーマン3以来久々のマーベル映画

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の監督について、今年の初めに前作でメガホンを取ったスコット・デリクソン監督が「創造 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、レクシー・レイブちゃんのシーンが削除されていた事が明らかに

現在世界中で公開中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」に映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」でトニー・スタークの娘、モーガン・スタークを演じた …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。