まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ザ・マーベルズ」にフラーケン再登場の可能性が報じられる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」に地球の猫にそっくりの宇宙生物フラーケンが再登場する可能性が高いと、海外メディア Cosmic Circus が報じました。現在再撮影が行われているニューヨークのバッテリーパークエリアにてその兆候が確認されたと言います。

sponsored link
 

記事によると撮影が行われている公園では1匹の親猫と2匹の子猫らしきアニマトロニクス(ロボット)が確認されたと、その写真も掲載されています。この3匹は後にVFXで別の外観に置き換えられるだろうとの事。

from Cosmic Circus

また、同エリアには巨大な送風機が3つ設置されており、この猫ロボットの前に巨大な飛行物体のようなものが降り立つシーンになる可能性があると指摘しています。

前作の映画「キャプテン・マーベル」で登場したフラーケンのグースは猫そっくりの愛らしい外観でニック・フューリーを魅了しましたが、その気まぐれな正確からフューリーは片目を失うことになりました。そしてフューリー達のピンチを救うなどしっかりと活躍の場も設けられており、ファンの間でも人気のキャラクターとなっていました。

しかし以降の作品でグースについての具体的な言及がなく、S.H.I.E.L.D.もなくなった現在グースがどうしているのか様々な考察が行われていました。もしも今回の目撃情報どおりにフラーケンが再登場するとなれば、そのあたりのエピソードについても言及されるかもしれません。

なお、コミックのフラーケンはエイリアンらしく(?)卵で繁殖する生物となっています。

©MARVEL

sponsored link
 

グースに子供が出来ているとすれば、頼もしくもあり驚異的でもあるような気がしますが、グース再登場となれば「ザ・マーベルズ」でどのような役割を担うのでしょうか。

映画「ザ・マーベルズ」は 2023年7月28日 米国公開予定です。

ソース:Exclusive: Possible Flerkens Sighted at ‘The Marvels’ Film Set in NYC

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー」の第1弾トレーラーが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のトレーラーが公開されました。動画はマーベルの公式Youtubeチャンネル(日本語版はディズニー・スタジオチャ …

ドラマ「ワンダヴィジョン」の監督が今作のダーシー・ルイスについて明かす

来週から配信が始まるドラマ「ワンダヴィジョン」には過去のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)シリーズからいくつかのキャラクターが再登場しますが、中でもダーシー・ルイスは2014年に公開された …

映画「ソー:ラブ&サンダー」よりグランドマスターの未使用シーンのアートが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」より、ジェフ・ゴールドブラムさん演じるグランドマスターの削除シーンのコンセプトアートが公開されました …

映画「マダム・ウェブ」のロケリーク写真でシドニー・スウィーニーさんのファーストルックを確認

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影現場から、シドニー・スウィーニーさんの最初の写真がリークされました。これにより本作の主人公を演じる …

映画「ブラックウィドウ」のO.T.ファグベンルさん、謎に包まれたメイソンについてコメント

来年公開予定の映画「ブラックウィドウ」に登場するリック・メイソンは、ポスターには姿と名前があるにも関わらず、予告編には一切登場していない謎のキャラクター。このメイソンを演じる俳優のO.T.ファグベンル …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。