まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「マダム・ウェブ」撮影終了、新たなロゴがパワーの起源をほのめかす

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影監督を務めるデュアン・チャールズ・マンウィラーさんが、自身のInstagramにて本作のカチンコの画像を提供しました。そこに描かれた「マダム・ウェブ」のロゴからは、コミックとは異なるマダム・ウェブの起源を示唆しているようです。

sponsored link
 

画像では象徴的な赤い蜘蛛の足から、ダコタ・ジョンソンさんが演じる主人公のシルエットが描かれており、マダム・ウェブのパワーがこの赤い蜘蛛を起源としている事を示唆しているようです。

コミックのマダム・ウェブは実際には蜘蛛とはなんの関係もなく、彼女はX-MENたちと同じミュータント種族です。能力はテレパシーや予知、透視、幽体離脱などマインドやメンタルに関する能力であり、他のスパイダーヒーローのようなフィジカルな能力はありません。

加えてコミックのマダム・ウェブは生まれた時から重症筋無力症を患い動けず、かつ盲目でもあり、現在は老婦人。SSUではダコタ・ジョンソンさんのような若い俳優が主人公に選ばれている事で、設定が大幅に変更されている可能性も指摘されていました。

また、もともとミュータントに関する実写化権利は20世紀FOXが持っており、「X-MEN」シリーズを代表として「デッドプール」や「ニューミュータンツ」といった映画や、「ザ・ギフテッド」といったドラマが制作されてきました。マーベルの親会社にもなっているディズニーがそれを買収した事で、現在はマーベル・スタジオがミュータントを管理するようになっています。マダム・ウェブがミュータントではなくなった(ように見える)原因として、そういった大人の事情が絡んでいる事も考えられます。

「マダム・ウェブ」でどういったキャラクターが登場するかは公式に発表されておらず、様々な噂が飛び交っている状態ですが、2022年夏時点での情報はこちらのまとめ記事をご参照ください。

そして、コメント欄でのファンからの「マダム・ウェブの撮影は終わったの?」という質問に対して、デュアン監督は「ええ、実は」とスマイルの顔文字を添えて返答しました。

映画「マダム・ウェブ」は 2024年2月16日 米国公開予定です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のプロモアートの高解像度版がリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のプロモーションアートがリークされました。概ね以前にリークされていたものと同じもの …

映画「エターナルズ」、セルシと日本に関わるイースターエッグが海外で発見され話題に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のイースターエッグが海外で見つかり、話題となっています。日本では以前から気づいている方も多かったものですが、 …

Netflixドラマ「アイアンフィスト」女優が映画「シャン・チー」の出演オファーがあった事を明かす

Netflix制作のドラマ「アイアンフィスト」にコリーン・ウィング役で出演していたジェシカ・ヘンウィックさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説 …

ドラマ「ミズ・マーベル」、イマン・ヴェラーニさんはMCUがEarth-616ではないと考えている

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」で主人公ミズ・マーベル/カマラ・カーンを演じているイマン・ヴェラーニさんが、本作のローンチイベント会場で …

映画「モービウス」、再度延期へ

ソニー・ピクチャーズが制作するスパイダーマンスピンオフの映画「モービウス」がまたもや延期になると海外メディア Variety が報じました。2021年3月8日の公開を控えていましたが、新たに2021年 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。