まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

【ネタバレ注意】映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」、ケヴィン・ファイギ社長の新たなインタビューでいくつかの新事実が判明

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が海外メディア Empire Mgazine とのインタビューに応じ、来月公開のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」について、いくつかの新事実や噂について言及しました。

※これより先は映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

ファイギ社長は今作のメインヴィランである征服者カーンについて、「マルチバースを扱っている以上、彼は当然の選択です。カーンのおかげで、新しいタイプの大悪党を描く事ができました。彼は私たちのヒーローと戦うのと同じくらい、自分たちの中で戦う、異なるタイプの悪役なのです。」と述べました。これはドラマ「ロキ」でも在り続ける者が説明していた事実ですが、カーンの変異体同士での争いは続いているようです。

そして、「クアントマニア」の時点でもカーンは脅威であるとしつつもフルパワーではないと説明し、本作ではフルパワー状態に戻る方法を探していると指摘しました。

それについてファイギ社長は「カーンがスコット・ラング及びピム一家を利用してタイムチェアを正常に戻し、いつでも好きに移動できる」ようにする事だと語りました。

「カーンはとてもパワフルな人物ですが、出会ったときにはそのパワーを取り戻す必要がある状態です。彼は装置を持っていて、それをオンライン化できれば、いつでもどこでも好きなときに行けるのです。」

そして記事では新たに未公開のスティルとして、MCUに登場するタイムチェアの画像を添付しています。

from Empire Mgazine ©MARVEL,Disney

この椅子の存在は先日リークされたプロモーションアートでも判明していました。そして今回のインタビューから判明した事実より、カーンから盗んだ人物は別のカーンと考えるのがやはり適切なようです。

コミックの征服者カーンは別の名前を持ついくつかの有名所な変異体カーンが存在し、中でもアイアンラッドを名乗るナサニエル・リチャーズは自身がヴィランになる運命に対抗するために30世紀から現代にタイムトラベルし、ヤングアベンジャーズを結成したヒーローでした。

「クアントマニア」のあと、「アベンジャーズ:ザ・カーン・ダイナスティ」、そして「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」へと続くことを考えると、カーンのタイムチェア修復計画は成功すると考えられますが、その時アントマンたちの運命がどうなってしまうのかは来月の劇場でのお楽しみという事になるようです。

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」は 2023年2月17日 公開予定です。

ソース:Kang Brings ‘A New Kind Of Big Bad’ To The MCU In Quantumania, Says Kevin Feige – Exclusive Image

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「エターナルズ」の続編は?マーベル・スタジオ副社長が回答

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年後半に開催されたSDCC2022、D23 Expo 2022などの大規模なイベントにおいて、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバ …

マーベルの日本公式MCUページの情報で海外が大混乱に

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先週、マーベルの日本公式ページの2022年作品リストが海外ファンに発見され、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のディズニープラス作 …

ディズニーが実写版「ムーラン」を再延期から一転ディズニープラスで公開 ─ 「ブラックウィドウ」への影響は?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ディズニーが実写映画「ムーラン」をディズニープラスで直接配信することを発表しました。「ムーラン」は 2020年3月9日 劇場公開予定でしたが、 …

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のおもちゃリークによりM.O.D.O.K.の外観が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のおもちゃの画像がリークされ …

やはりミステリオ再登場プランはあった?映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」よりミステリオvsドクター・ストレンジのアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より、未使用のコンセプトアートとして「ミステリオv …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。