まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「マダム・ウェブ」初代と二代目が同時デビューか、その他キャスティング情報が報じられる

投稿日:

ソニー・ピクチャーズが制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」のキャスティングについて、誰が何を演じるのかはこれまで謎に包まれていました。これについて海外メディア The Cosmic Circus のリジー・ヒル編集長が6人のキャラクターについて報告しています。

※これより先は映画「マダム・ウェブ」のネタバレを含んでる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

初代マダム・ウェブ/カサンドラ・ウェブ(ダコタ・ジョンソン)

主演のダコタ・ジョンソンさんがマダム・ウェブを演じるのは分かりきっていましたが、コミックにはマダム・ウェブというキャラクターが数名おり、どれを演じるかは不明でした。

記事によると、ジョンソンさんが演じるのは初代マダム・ウェブのカサンドラ・ウェブ。

コミックのカサンドラ・ウェブは盲目の老婆であり、筋無力症も患っていることから生命維持装置をつけ、自分の意志で動くことはほとんど出来ないヒーロー。そして彼女は実際にはクモとは関係のない能力であり、クモから力を得たスパイダーマンとは違ってミュータント。その能力はテレパシーや透視、予知と言ったもので、さらに精神だけのアストラル体となって他者の前に現れ、スパイダーウーマンたちに助言を与えたりするキャラクターです。

その設定から彼女が主人公になる可能性は低いのではないかとも言われていましたが、ヒーローアクション映画の主人公に不向きな動けないという設定は大幅に変更して登場することになるようです。

©MARVEL

2代目マダム・ウェブ/ジュリア・カーペンター(シドニー・スウィーニー)

シドニー・スウィーニーさんのキャスティングには幅広い噂があり、ブラックキャット、シルバーセーブル、スパイダー・グウェン、ジェシカ・ドリューなどの可能性が過去に報じられていましたが、今回の記事によるとコミックの二代目マダム・ウェブであるジュリア・カーペンターを演じるとの事。

©MARVEL

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sydney Sweeney(@sydney_sweeney)がシェアした投稿

スパイダーウーマン/マティ・フランクリン(セレスティ・オコナー)

コミックの3代目スパイダーウーマンことマーサー・”マティ”・フランクリンを演じるのはセレスティ・オコナーさん。

マティは魔術によって力を得たスパイダーヒーローで、コミックではクレイヴンの息子グリムハンターを蘇らせる儀式の生贄となり殺されました。映画では「クレイヴン・ザ・ハンター」のほうが先に公開されるため、少なくとも1作目は無事に乗り切れる可能性は高いようです。

©MARVEL

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Celeste O’Connor(@celeste_oconnor)がシェアした投稿

スパイダーガール/アーニャ・コラソン(イザベラ・メルセード)

イザベラ・メルセードさんが演じるのはスパイダーガールことアーニャ・コラソン。

アーニャはメキシコ人とプエルトリコ人の血を引くヒスパニック系のティーンで、「スズメバチの姉妹団」と「スパイダー・ソサエティー」との争いに割って入って、スパイダー・ソサエティーを助けるも重傷を負ってしまいました。ソサエティーは、彼女を自分たちの組織の「ハンター」として、儀式を行ってクモの力を与えました。

デビュー当初はアラーニャ(スペイン語で蜘蛛の意味)を名乗りヴィジランテ活動をしていましたが、後にジュリア・カーペンターと出会い、彼女の古いコスチュームを譲り受け、スパイダーガールを名乗るようになりました。

©MARVEL

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ISABELA🇵🇪🇺🇸(@isabelamerced)がシェアした投稿

ベン・パーカー(アダム・スコット)

スパイダーマンことピーター・パーカーの育て親として有名なベンおじさんの若い頃をアダム・スコットさんが演じるとの事。

アダム・スコットさんはピーター・パーカーやラリー・カーペンターを演じているのではないかとも報じられていましたが、意外にもベン・パーカーとして登場すると記事は伝えています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Adam Scott(@mradamscott)がシェアした投稿

メアリー・パーカー(エマ・ロバーツ)

エマ・ロバーツさんはメアリー・パーカーを演じるとの事。メアリーとはメイおばさんではなく、ピーターの実の母にあたる人物です。

撮影現場ではエマ・ロバーツさんが妊娠しているキャラクターを演じる様子が目撃されており、ピーターがお腹の中にいる事を示していると考えられるようです。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Emma Roberts(@emmaroberts)がシェアした投稿


ソニーが女性スパイダーヒーローの作品を計画している事はかなり以前から報道されていましたが、その初作品となる「マダム・ウェブ」では早速4人ものスパイダーウーマンが登場することになるようです。

また、「マダム・ウェブ」のユニバースに関してサム・ライミ版「スパイダーマン」と共有されているのではないかとも言われていましたが、今回の報道でベンおじさんやメアリーの名前が出てきた事でそれらの線は消えてなくなったようです。

一方で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のピーターが2001年8月10日生まれに設定されている事と、メアリーが妊娠している事、そして本作が2000年代を舞台にしている可能性が高い事が一本の線で繋がりかけているようにも見えてきます。

本作がどのユニバースに設定されているのか、今後の情報にも注目です。

映画「マダム・ウェブ」は 2023年10月6日 米国公開予定です。

ソース:Exclusive: Madame Web Cast/Characters Confirmed!

-映画
-,

執筆者:

関連記事

マーベル・スタジオが「シークレット・ウォーズ」の実写化に取り組んでいるとコミック原作者が語る

マーベル・スタジオがコミック「シークレット・ウォーズ」の実写化に向けて動き出しているようだと海外メディア CBR が報じました。1984年にこのコミックが発行され、当時この企画の発案者であり最高編集者 …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米国レーティングはPG-13に

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の米国におけるレーティングが、前作「ヴェノム」と同じくPG-13になることがソ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のファーストティザーとポスターが公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」(原題:ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネ …

ソニー・ピクチャーズがNetflixと新たな契約 ─ ’22年以降作品を独占配信へ

ソニー・ピクチャーズとストリーミングサービス最大手のひとつNetflixが新たな契約を締結したと、海外メディア Hollywood Reporter が報じました。2022年以降の複数年にわたって公開 …

フローレンス・ピューさん、映画「ブラックウィドウ」は「恐ろしい」物語だと明かす

新型コロナウイルスの影響により公開が本来より約1年の延期となっている映画「ブラックウィドウ」に出演するフローレンス・ピューさんが、公式映画スペシャルブックにおいて、映画の物語がとても「恐ろしい」ものだ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。