まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース」でスポットはどうなる?声優が今後について言及

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズの映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のザ・スポット/ジョナサン・オーンの声を担当したジェイソン・シュワルツマンさんが、映画「アステロイド・シティ」のプロモーション・ツアー中に海外メディア Collider のインタビューに登場し、次回作「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」について少し語りました。

sponsored link
 

「アステロイドシティ」に関するインタビューの終わり頃、「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」でザ・スポットがどうなっていくのか質問されたシュワルツマンさんは「本当に言えることはあまりないけど、ただ興奮しています。彼らとの仕事は素晴らしい経験でした。この映画の前から一緒にやっていたんです。」と語りました。

しかし、「アステロイドシティ」で共演し、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフを演じたスカーレット・ヨハンソンさんはマーベルファンの心理をよく理解しており、ファンを代表して「ひとつも言えないの?何かあるでしょ?」と追加の情報を要求。

シュワルツマンさんは「そうだね」と前置きしつつ、「より大きく」「より悪く」「より独善的に」なるとゆっくりと区切りながら慎重に話しました。

そしてスパイダーバースについて「ご存知の通り、この作品はパート1とパート2があり、1つの大きな物語を語ることができる本当にクールで貴重な機会なんです。だから次が待ちきれないし、本当に興奮しているよ。」と述べました。

「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」のヴィランがザ・スポットだけでないのは「アクロス・ザ・スパイダーバース」を見れば明らかですが、完結編ではより厄介な存在となって帰ってくる事になりそうです。

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 より米国公開中、日本は 2023年6月16日 公開予定、続編「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」は 2024年3月29日 に米国公開予定です。

-映画
-

執筆者:

関連記事

マッツ・ミケルセンさんが出演作の中で「ドクター・ストレンジが一番楽しかった」─MCU復帰に意欲を示す

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」でヴィランのカエシリウスを演じたマッツ・ミ …

マーベル・スタジオはコミコン@ホームの参加を見送ると報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 今年のサンディエゴ・コミコンは新型コロナウイルスの対応として開催が中止され、代替イベントとしてオンライン上でのバーチャルイベント「コミコン@ホ …

映画「エターナルズ」監督、チームがサノスの指パッチンの影響を受けなかった理由を説明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のクロエ・ジャオ監督が、海外メディア CinemaBlend とのインタビ …

エミネムさんが映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の楽曲を示唆

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2021年10月1日の米公開を控えるSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の楽曲を担 …

ソニーの「ヴェノム」や「モービウス」などの映画ユニバースの総称が SSU(Sony’s Spider-Man Universe)に変更

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 これまでソニー・ピクチャーズ制作のスパイダーマン関連の映画の総称が Sony Pictures Universe of Marvel Char …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール3」(日本未定)
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年11月8日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。