まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」プロデューサーが劇場版を修正した理由について明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作の映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のデジタル版が先日リリースされましたが、その内容が劇場版と異なる点が20以上もある事がファンによって発見され、SNSを通じて判明しています。この変更について本作のプロデューサーが言及しました。

sponsored link
 

エグゼクティブ・プロデューサーを務めるフィル・ロードさんとクリス・ミラーさんは、海外メディア GamesRadar+ とのインタビューの中で、デジタルリリース版は「インターナショナル版」だと言及し、「ほとんどは改善だと思う」と主張しました。

この映画が公開されるほぼ2か月前に国際版が作られました。異なる言語に翻訳する必要があり、フランスの検閲官がヨーロッパでの映画の評価を決定する必要があるからです。(ソニー・ピクチャーズの)イメージワークスのチームには、完成版ではもっと改善できると思われるショットがまだいくつかありました。そこで、それらをクリーンアップして微調整しました。

そして一部の制作スタッフからの改善要望もあったと明かしました。

サウンド部門やアニメーションチームの一部のスタッフは、「代わりにこれをやってもいいですか?」と聞いてきたので、「できる限り最高のバージョンを作りましょう。」と返しました。これは多元世界の映画なので、まるで映画の中に多元世界があるかのようです。それが本当にその背後にある理由でした。誰もが最も誇りに思える、可能な限り最高のバージョンを作ろうとしていました。

これが米国での劇場公開版とデジタル版に相当な数の違いがあった事の原因のようです。

現在はストライキの影響で脚本と声優の活動がストップしているため、サウンドやアニメーションのスタッフは3作目「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」の制作が進まない状態になっていると考えらます。それらの時間が活用されて「アクロス・ザ・スパイダーバース」がブラッシュアップされる事になったのかもしれません。

しかし変更の中にはニュアンスが大きく変わるような要素もあったとされ、変更後のバージョンには賛否両論あり、ファンは議論を続けています。

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は米国の各種プラットフォームでデジタル版がリリース中です。

ソース:Across The Spider-Verse producers Lord & Miller reveal why the home release is different to the one you watched in theaters

-映画
-

執筆者:

関連記事

Apple Vision Pro とディズニーが提携、MCUのVR体験が始まる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 Apple社のイベントWWDC23が開催され、新たなVRデバイス「Apple Vision Pro」が発表されました。そのイベントにはディズニ …

映画「アーマー・ウォーズ」、ドン・チードルさんがこれまでのMCUでローディが十分に描かれていないと指摘

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アーマー・ウォーズ」の主演を務めるドン・チードルさんが、海外 …

映画「エターナルズ」の削除シーンの動画が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」より、本編から削除されたシーンの動画が公式に(IG …

映画「ブラックウィドウ」オルガ・キュリレンコさんが将来のMCU再登場について語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」に出演したオルガ・キュリレンコさんが今後のMC …

マーベル・スタジオはサヴェッジランドを本格的に紹介していくのか?

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の第2弾ト …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。