まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ホームカミング」にベンおじさんに関連するシーンがあった事が判明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ホームカミング」(2017年)で、ピーター・パーカーがベンおじさんのスーツを着用して出かけるシーンが用意されていた事を、脚本家のジョナサン・ゴールドスタインさんが明かしました。ベンおじさんはピーターがヒーローとして決意するキーとなる人物であり、過去2シリーズでもベンおじさんの死が描かれましたが、MCUには登場していませんでした。

sponsored link
 

ゴールドスタインさんは自身のTwitterで「メイがピーターをクローゼットに連れて行き、彼女がまだ捨てていないベンの古いスーツを選ぶというシーンを書きました。」と投稿し、ベンおじさんに関するシーンがあった事を明かしました。

「スパイダーマン:ホームカミング」ではピーターがリズをホームカミング・パーティーに誘い、その後メイおばさんの助けを借りてスーツを選び、ダンスを習うシーンがありました。このスーツがベンおじさんの形見のスーツになる予定だったようです。

ちなみに「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」でもベンおじさんの存在をほのめかすシーンが有り、ピーターの旅行かばんにはベンおじさんのフルネーム「ベンジャミン・フランクリン・パーカー」のイニシャル「BFP」と書かれていました。

なお、ゴールドスタインさんは当初からベンおじさんの死について3度目を描く事に「興味はなかった」とコメントを付け加えました。

MCUではベンおじさんと同じようなポジションとしてトニー・スタークが存在しており、トニーの死を乗り越えてヒーローとして新たな決意をする様子が「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」では描かれていました。

最新作「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でもベンおじさんに関するイースターエッグなどは登場するのでしょうか。

最新作の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

-映画
-,

執筆者:

関連記事

ワンダ役エリザベス・オルセンさん、ドラマ「ワンダヴィジョン」撮影時にマルチバースについて知らなかった事を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダヴィジョン」でワンダを演じたエリザベス・オルセンさんが、海外メディア Variety とのインタビューの中で、ドラマ撮影時にはマルチバース …

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」よりエレメンタルズの未使用コンセプトアートが公開

MCUフェーズ3の締めくくりとなった映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に登場したエレメンタルズの未使用コンセプトアートが公開されました。 アーティストのジェラド・マランツさんがInstag …

【噂話】映画「アントマン3」にヤングアベンジャーズ参戦の噂 ─ ヴィランはM.O.D.O.K.?

海外メディアのGeeksWorldWideが独占情報として、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン3」にヤングアベンジャーズの登場を、マーベル・スタジオが協議していると報道し …

映画「ドクター・ストレンジ・itMoM」にアメリカ・チャベス登場? 次元を移動するヤングアベンジャーズ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」(2017年)で示唆されていた多次元世界マルチバースが本格的に描かれると言われる続編「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチ …

タイカ・ワイティティ監督、映画「ソー ラブ&サンダー」についてファンからの質問に答える ─ バトルロイヤルのウォッチパーティーにて

先日、タイカ・ワイティティ監督がInstagram上で、自身が監督を務めた映画「マイティ・ソー/バトルロイヤル」(原題:Ragnarok)のウォッチパーティーを開催しました。 その中で、次回作「ラブ& …

ホークアイ関連記事

What if…?関連記事

ロキ関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。