まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」監督が結末のクリフハンガーについて語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

ソニー・ピクチャーズ制作の映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の共同監督を務めたケンプ・パワーズさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューの中で、本作の結末と次回作「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」におけるプラウラーの役割について言及しました。

※これより先は「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」の結末に関するネタバレを含んでいます。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

パワーズさんはプラウラー・マイルズについて「とてもエキサイティングなキャラクターだったので、実は秘密にするのが大変だったんです。デザインはとても変わっていて、ビジュアル的にも一線を画しています。そして、もしマイルズが父親ではなく、叔父に指導されるような別の世界にいたら、どのように成長したのでしょうか?最後に(次回作の)マイルズ・モラレスを見るにあたって、本を表紙で判断しないでくださいと言っておきたい。あのキャラクターについては、学ぶべきことがたくさんあります。とても、とても面白いキャラクターなんです。」と述べました。

また、次回作「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」へのクリフハンガーとなるシーンについて、「試写の後、いくつかの微調整は行いましたが、あのクリフハンガーは長い長い間、かなりの確率で決まっていました。」とかなり以前より決まっていた展開である事を認めました。

続けて「クリフハンガーで終わったものの、マイルズやグウェンのようなメインキャラクターには完全な感情的アークがあり、映画の冒頭のある場所から映画の終わりの別の場所へと進化するのを見ることができるようにすることでした。」と補足しました。

プラウラーとなってしまったEarth-42のマイルス・モラレスが重要なカギとなるのは必至の「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」ですが、監督はプラウラーの外見に惑わされてはいけないと示唆しています。

sponsored link
 

スパイダーマン/マイルズ・モラレスとプラウラー/マイルズ・モラレスの衝突が描かれることになるのは確実ですが、プラウラーになってしまったマイルズ・モラレスにどんな背景があったのか、そして彼の本当の目的は何なのかを掘り下げていく事になるようです。

アニメ映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」は 2023年6月2日 より米国公開中、日本は 2023年6月16日 公開予定、続編「ビヨンド・ザ・スパイダーバース」は 2024年3月29日 に米国公開予定です。

ソース:‘Spider-Man: Across the Spider-Verse’ Co-Director Kemp Powers on Last-Minute Cameos and That Twisty Cliffhanger

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ・itMoM」にアメリカ・チャベス登場? 次元を移動するヤングアベンジャーズ

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」(2017年)で示唆されていた多次元世界マルチバースが本格的に描かれると言われる続編「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチ …

ジョナサン・メジャース被告が暴行とハラスメントで有罪判決、一部罪状は無罪に

ニューヨーク市マンハッタン刑事裁判所での家庭内暴力裁判の最終弁論を終えて、ジョナサン・メジャース被告に暴行及びハラスメントによる有罪判決が言い渡されました。被告はMCU(マーベル・シネマティック・ユニ …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」よりキャラクターポスターとフィーチャレットが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」からドクター・ストレンジ、ワンダ・マキシモフ、アメリカチャベス、ウォン、マスター・モルド、ク …

「ザ・ボーイズ」公式が「ファンタスティック・フォー」の噂に反応

ドラマ「ザ・ボーイズ」のジャック・クエイドさんがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」にキャスティングされたという噂に対して、米Prime Videoの公式 …

米ディズニープラスがMCUの時系列ウォッチオーダーをリリース

ディズニープラスの米国版がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)を時系列で視聴するためのウォッチオーダーを公開しました。日本で展開されているディズニープラスではまだ確認出来ませんが、順番は以下 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。