まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックウィドウ」脚本家がトニー・スタークのカメオの計画があった事を明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の脚本を担当したエリック・ピアソンさんが、 Phase Zero ポッドキャストの中で、アイアンマン/トニー・スタークを演じるロバート・ダウニーJr.さんが登場する計画があったことを明かしました。

sponsored link
 

ピアソンさんは以下のように述べました。

以前のあるバージョンの脚本には、トニーとナターシャが登場する「シビル・ウォー」の最後の瞬間に、文字通り「私は彼らの背中を見なければならない人間ではない」と書き込まれていました。でも、それは古い映像でした。「観客の皆さん、私たちがどこにいるのか思い出してください、彼女のこの瞬間をキーにします。」となっていたでしょう。トニー・スタークの名前を見たのはその時だけで、「おい、俺たちはシビル・ウォーの終盤にいるんだぞ」というような、旗を立てて思い出させるようなものだったんです。

さらにピアソンさんは、この報道がどこから発信されたのかわからないまま、知らないうちに書き出されてしまったと付け加えました。

その噂が出たとき、私はロンドンのオフィスにいて、周りを見回して、「ここに脚本があって、この中にトニー・スタークは出てこないのに」と思ったのを覚えています。どこから持ってきたのかわかりませんが、誰かがこのようなシーンのある古いバージョンの脚本を手に入れたのではないかと思います。

ピアソンさんは、初期の脚本には「シビル・ウォー」の最後の瞬間があった事を明かし、「ブラックウィドウ」がいつの時系列に設定されているのかを思い出させるリマインダーの役割を果たしていただろうと述べました。

最終的にトニー・スタークのカメオは失われ、ナターシャとその家族に焦点が当てられました。回想シーンではホークアイ/クリント・バートンを演じるジェレミー・レナーさんが声のみの出演を果たしています。

映画「ブラックウィドウ」は劇場公開中 & ディズニープラス・プレミアアクセス配信中です。

ソース:Black Widow Writer Reveals Robert Downey Jr. Cameo In Early Draft

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアはミュータントである事が確認、前作ポスクレ登場予定だった事も判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長と俳優のテノッチ・ウエルタさんが海外メディア Empire とのインタビューの中で、MCU(マーベル …

映画「スパイダーマン:ビヨンド・ザ・スパイダーバース」でスポットはどうなる?声優が今後について言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズの映画「スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース」のザ・スポット/ジョナサン・オーンの声を担当したジェイソン・シュワ …

ソー役クリス・ヘムズワースさん、2021年1月から映画「ソー/ラブ&サンダー」の撮影が始まることを明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 映画「ソー:ラブ&サンダー」の主演クリス・ヘムズワースさんが、1月に撮影が始まることを明かしました。これまでにも2021年初頭に撮影開始される …

脚本家が明かす、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で初期メンバーが残った理由

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)のラストではサノスが全てを賭けた宿 …

サム・ライミ監督は「スパイダーマン4」について、「マーベルは何でも可能」だと語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のサム・ラ …

PREV
映画「アントマン3」の脚本家が「ロキ」最終話を受けて謎の投稿
NEXT
ドラマ「ロキ」、監督がミス・ミニッツの戦闘シーンがあった事を明かす ─ 彼女は悪魔のような存在

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。