まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「キャプテン・アメリカ4」のメインヴィラン役として女優を探していると報じられる ─ レッドスカルの娘とも

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

先日、計画が進行中であると報じられたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ4」のメインヴィラン役として、スタジオがケイト・マーラさんのような女優を探していると、海外メディア That Hashtag Show が報じました。

記事によると、最近行われた映画のキャスティングコールとしてマーベル・スタジオが本作のヴィランとして「ケイト・マーラさんのようなタイプ」を探していると掲載されています。これは、マーラさんが彼らの求める正確な女優であることを意味するものではなく、年齢、身体的特徴、一般的な態度などの指標となるものとの事です。

この女優さんの役割として、シンことシンシア・シュミットであるとも記事では伝えています。シンはコミックでは、レッドスカル/ヨハン・シュミットの娘で、ヒドラの再結成に取り組んでいます。キャプテン・マーベルやソー、ミュータントたちと比べるとあくまで人間ベースのヴィランですが、それでもバッキー・バーンズを瀕死に追い込むほどの戦闘力は持ち合わせています。

また、エミリー・ヴァンキャンプさんがパワーブローカー/シャロン・カーターとして戻ってくることもわかっていますが、彼女の役割は変更されたとの事。シャロンは当初、本作のメインヴィランとして登場する予定でしたが、しかし、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」での彼女の活躍に対するファンの反発が大きかったため、マーベルとケビン・ファイギ社長は彼女をメインヴィランにすることを躊躇しており、そのため、彼女はメインの悪役ではなく、縮小された役割だと記事では予想しています。

まだ正式な制作発表はされていない「キャプテン・アメリカ4」ですが、水面下では少しずつ動き出しているようで、続報にも期待です。

sponsored link
 

ソース:EXCLUSIVE: CAPTAIN AMERICA 4’S VILLAIN IS REVEALED: SIN

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

ルッソ兄弟監督「シークレット・ウォーズの映画を撮るならインフィニティ・サーガを超える規模になるだろう」と話す

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019)のジョー&アンソニー・ルッソ兄弟監督は、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で「シークレット・ウォーズ」を行う場合、MCU史上最大の作 …

ブリー・ラーソンさん、映画「キャプテン・マーベル」公開記念日に、続編についてたったひとつだけ言える事を明かす

3月8日にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」の公開2周年を迎える記念として、キャプテン・マーベル/キャロル・ダンバースを演じるブリー・ラーソンさんが、自身のY …

映画「モービウス」、東京コミコンで特別映像が公開

ソニー・ピクチャーズが制作する映画「モービウス」が2021年内に日本公開となることが発表されました。コロナ禍の影響でオンラインでのバーチャル開催となった東京コミコン内のステージで発表され、主演のジャレ …

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がゲームのコンサルティングに関与していくと報じられる

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が映画やドラマの制作に加えて、ビデオゲームの世界に足を踏み入れることになると、海外メディア Bloomberg が報じました。それによると、Electroni …

映画「スパイダーマン:NWH」、トム・ホランドさんが今後のスパイダーメン再集結はあり得るとコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の主演を務めたトム・ホランドさんが、海外メディア Variety とのインタビューの中で、将来的にスパイダー …

PREV
モーション・ピクチャー社長が今後のスパイダーマン映画シリーズについて言及 ─ 「合流計画はある」
NEXT
アニメ「What if...」、プロデューサーがプロットを示唆

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。