まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

スカーレット・ヨハンソンさん、インフィニティ・ウォーの撮影前にエンドゲームの結末を予期していたことを明かす

投稿日:

ブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフを演じるスカーレット・ヨハンソンさんが、エンパイアマガジンとのインタビューで、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と「アベンジャーズ/エンドゲーム」での出来事について語りました。

sponsored link
 

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のこの2作品はもともと前後編として制作される予定で連続撮影されていましたが、後に改題し別のサブタイトルがつけられての劇場公開となりました。

インタビューではインフィニティ・ウォーの撮影前に「ケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオのボス)が電話で ”今は明らかに大きな犠牲と損失が生じる場所にいる” と言いました。それについては予想も出来ていましたし、おかしなことでもありませんでした。悲しくはありましたが、理にかなっていました。しかし電話を切った後に ”そうか、私のことだ” と思いました」と明かしました。

そして「そのことについて整理するのに1分ほどかかりました。ほろ苦い感覚でしたが、ショックではありませんでした」とコメントしました。

2010年公開の映画「アイアンマン2」でブラックウィドウが登場して以降、10年ほどかけて演じてきたキャラクターの終幕に様々な思いが駆け巡り、ほろ苦さを感じずにはいられなかったのでしょう。

エンドゲームにおいて、ついにナターシャが戻ってくることはありませんでしたが、ブラックウィドウの活躍の場はまだ残されています。それが11月公開予定の単独映画1作目となる「ブラックウィドウ」です。

「ブラックウィドウ」は時系列的に「シビルウォー/キャプテン・アメリカ」と「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の間にフォーカスした作品。政府に追われながらナターシャが何をしていたのかを描いた作品となっています。

すでにシリーズ化の噂もあるブラックウィドウ。そして新たに登場するナターシャの妹エレーナの存在が加わり、今後のMCUにおけるブラックウィドウがどうなるのか、注目が集まっています。

映画「ブラックウィドウ」は 2020年11月6日 日米同時公開予定です。

ソース:Scarlett Johansson knew Black Widow’s Endgame fate before Infinity War

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たな予告とポスターが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の新たな予告動画とポスターが公開されました。過去にリークや噂としてあったものの一部と思われる …

今度のネビュラはゆるい?映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、カレン・ギランさんが語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでネビュラを演じているカレン・ギランさんが海外メディア Gizmodo とのインタビューに応じ、「アベンジ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」、現場でヴァルキリーやミークも目撃、そしてあの巨大なヤギも

現在オーストラリアで撮影が進められているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の新たな現場写真が到着し、事前に報道されていたヴァルキリーを演じるテッサ・ト …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のレイバーデー興行収入が8350万ドルを記録し、歴代1位に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のオープニング週末興行収入が7140万ドルに達し、レイバーデー興行収入は8350万ドル …

トム・ホランドさんが「スパイダーマン3について全部知ってます」と明かす

2019年の夏頃にディズニーとソニーの関係の悪化が報じられ、今後のスパイダーマンに関する映画がどうなるのか、ファンの間でも不安が広がりました。その後、スパイダーマン(トム・ホランドさん)自身が間に入り …

PREV
ユニクロから新たなUTコレクション「マーベル・ユニバース」が発売
NEXT
エリザベス・デビッキさんはアイーシャとしてMCUに戻りたい

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。