まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ポール・ベタニーさんはヴィジョンがMCUに戻ってくると信じているという

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」や映画「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」などでヴィジョンを演じた俳優のポール・ベタニーさんが、海外メディア Entertainment Weekly とのインタビューの中で、ヴィジョンの再演について語りました。

sponsored link
 

ベタニーさんはインタビューの中で「ワンダヴィジョンのラストでホワイトヴィジョンが飛び去るシーンがありますが、あれが未解決の終わり方になっています。ケヴィン・ファイギは未解決のまま終わらせることを許さない人なんです。だから、いつかまたタイツとマントを着て登場することになると思うけど、それがいつになるかは分かりませんよ」と再登場すると考えている事を明らかにしました。

先日は別のインタビューで映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に出演しているかどうか質問され、「肯定も否定も出来ないよ(笑)」と回答していました。

ホワイトヴィジョンはヴィジョンとの戦いの中で回路の奥底に封じられアクセス出来なかった記憶(のコピー)を取り戻しましたが、それを自己の体験としては受け止めきれず、どこかへ飛び去っていきました。

「ワンダヴィジョン」の脚本と総指揮を務めたジャック・シェイファーさんは「ホワイトヴィジョンはワンダの彼氏ではありません。彼女と子供を授かった男ではありません。シットコムの世界に一緒にいた男ではありません。ワカンダで別れを告げた男でもありません。あれはボディとデータにしか過ぎないのです。」と以前に語っていました。

コミックではボディと記憶データを修復されたヴィジョンが新人ヒーローとしてヤングアベンジャーズに加入するエピソードがあり、そちらのラインに入っていくのではないかと考えるファンがいます。また、ヴィジョンがスタークの技術で生まれた事からドラマ「アーマーウォーズ」での再登場や、ホワイトヴィジョンがS.W.O.R.D.で作られた事から、それに関与している可能性が高いニック・フューリーを主人公としたドラマ「シークレット・インベージョン」などでも再登場するのではないかと考えられています。

ドラマ「ワンダヴィジョン」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Paul Bettany ‘assumes’ he will play Vision again

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

レンスレイヤー役ググ・バサ=ローさんが「ロキ」シーズン2への参加を認める

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン1にてTVA(時間変異取締局)の裁判官ラヴォーナ・レンスレイヤーを演じたググ・バサ=ローさんが Good …

エリザベス・オルセンさん、ドラマ「ワンダヴィジョン」ではコミックベースのスカーレットウィッチとなることを明かす

ドラマ「ワンダヴィジョン」でスカーレットウィッチ/ワンダ・マキシモフを演じるエリザベス・オルセンさんが、ニューヨーク・タイムズ紙とのインタビューで「これまでよりもコミックに近いワンダを見られる事」を明 …

ディズニープラスのマーベルドラマ、エピソード数や時間が明らかに

マーベル・スタジオが制作するディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマについて、スタジオ代表のケヴィン・ファイギ氏がエピソード数やエピソードごとの時間について、 …

本日もドラマ「ワンダヴィジョン」の新ポスターが公開 ─ ハロウィンバージョンが追加

動画配信サービス「ディズニープラス」で配信予定のドラマ「ワンダヴィジョン」のポスターが連日、公式SNS上で公開されており、5日目となる本日は、ワンダとヴィジョンのハロウィンでのコスプレ姿をフィーチャー …

アニメ「What if…?」、8話のイースターエッグをピックアップ

2021年9月29日配信のアニメ「ホワット・イフ…?」シーズン1エピソード8「もしも…ウルトロンが勝ったら?」のイースターエッグを中心に原作設定や今後の予想などをご紹介。 ※この先はシリー …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。