まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ソー/ラブ&サンダー」のファーストティザーはもうすぐ?

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー/ラブ&サンダー」の最初の予告の公開がすぐそこまで迫っているかもしれません。昨年12月に公開された「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の余韻と、先日公開された映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の興奮で盛り上がっているファンの前に、雷神が降臨するタイミングを見計らっています。

sponsored link
 

2022年5月6日米公開予定の「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の最初の予告が公開されたのは「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のクレジットシーンで、2021年12月17日でした。

一般的な映画を考えてもそうですし、ストレンジの予告タイミングと照らし合わせても、2022年7月8日予定の「ソー/ラブ&サンダー」の予告公開は2月、3月の可能性はかなり高くなっています。しかし最有力視されていたスーパーボウルでは、ストレンジの第2弾予告とドラマ「ムーンナイト」の予告公開で終わりました。

なお、The Direct によるとMCUの予告は公開日の平均163日前に登場しているとの事。記事執筆時点で「ラブ&サンダー」の米公開137日前で、予告がいつ登場してもおかしくないと睨んでいるようです。

ちなみに最も予告公開が遅かったのは「インクレディブル・ハルク」の93日前、フェーズ4限定で見れば「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の116日前で、劇場公開の3ヶ月~4ヶ月前になっています。これをカレンダーに当てはめると「ラブ&サンダー」の予告は遅くても「ムーンナイト」の初回や最終回あたりになるようです。

「ラブ&サンダー」のコラボグッズのプロモーションが活発になる中、早ければ2月以内での公開が予想されますが、「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」と「ムーンナイト」の次の予告も控えているため、ディズニーは予告の公開スケジュールを慎重に検討していると見られます。

映画「ソー/ラブ&サンダー」は 2022年7月8日 米国公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

レディー・シフが映画「ソー:ラブ&サンダー」に帰ってくると報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マイティ・ソー」シリーズのキャラクター、レディー・シフがシリーズ最新作となる「ソー:ラブ&サンダー」に帰ってくると、海外メディアの Dea …

マーベル・スタジオが新たなLLCを設立 ─ ブラックパンサースピンオフシリーズが前進か

マーベル・スタジオが新たに「Maglev Train Productions」というLLC(日本で言う合同会社)を設立したと、海外メディア The Ronin が報じました。Maglevとは磁気浮上式 …

パリス・ジャクソンさんはスーパーヒーローかスーパーヴィランを演じたいという

故マイケル・ジャクソンさんと元妻デビー・ロウさんの娘で、ミュージシャン、モデル、女優業で活躍しているパリス・ジャクソンさんが海外メディア Variety とのインタビューの中で、次の仕事としてマーベル …

「シャン・チー」監督、マーベル・スタジオへのプレゼンの際に「ドラゴンボール」の映像を引用していた事を明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のデスティン・ダニエル・クレットン監督が、本作のコロナ禍での撮影事情や、スタジオへのプ …

サミュエル・L・ジャクソンさんが何らかの撮影開始を示唆 ─ シークレット・インベージョンかザ・マーベルズか

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンさんが自身のInstagramを更新し、撮影の開始を示唆しました。すでに …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。