まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「デッドプール&ウルヴァリン」の中国向け予告で新事実が判明

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」のファンイベントが先日上海で開催され、中国語版の予告動画が公開されました。この予告は4月に公開されたグローバル版の第2弾予告をベースにしていますが、いくつかの部分が変更されています。

「デッドプール&ウルヴァリン」のヴォイド内の荒野と考えられているシーンは全体的に色調が変更され、「フュリオサ」などと比較してありきたりだったイメージから少し修正。地球の何処かにありそうな場所から、異世界感を演出するような変更が行われたようです。

そして今回の中国語版予告で大きな変更点が、予告のラストでデッドプールとウルヴァリンの二人がポータルに飛び込むシーン。これまでは単にポータルに飛び込むシーンでしかありませんでしたが、中国語版にはグローバル版では削除されていたCGが残されているようです。

グローバル版ではポータルの後ろ側には特に何もありませんでしたが、中国語版では「ロキ」シーズン1のアライオスが大きな口を開けている様子が確認出来ます。

位置関係的にはポータルごとデッドプールとウルヴァリンを丸呑みにし、そのままカサンドラ・ノヴァの基地に突っ込んでしまうような印象ですが、この後どのような展開を迎えるのでしょうか。

映画の大半はこのヴォイドを舞台に繰り広げられると考えられていますが、アライオスは想像以上に出番があるのかもしれません。

なお、予告のラストにあったクスリに関するジョークの部分は丸ごとカットされています。中国語版の本編でもカットされているのかは不明です。

「デッドプール&ウルヴァリン」の米公式あらすじは以下の通りです。

sponsored link
 

中年の危機を経験しながら職業上の挫折に直面した後、ウェイド・ウィルソンはデッドプールを正式に引退し、中古車のセールスマンになることを決意しました。しかし、友人、家族、そして全世界が危険にさらされているとき、デッドプールは引退生活から刀を持ち出すことを決意する。彼は、自分たちの生存だけでなく、最終的には彼らの遺産のために戦うために、消極的で警戒心のあるウルヴァリンをスカウトします。

「デッドプール&ウルヴァリン」はショーン・レヴィ監督のもと、脚本をライアン・レイノルズさん、レット・リースさん、ポール・ワーニックさん、ゼブ・ウェルズさんらが手掛けました。

主演のライアン・レイノルズさん(デッドプール)とヒュー・ジャックマンさん(ウルヴァリン)に加え、 「デッドプール」シリーズからカラン・ソーニさん(ドーピンダー)、レスリー・アガムズさん(ブラインド・アル)、モリーナ・バッカリンさん(ヴァネッサ)、ステファン・カピッチッチさん(コロッサス)、ブリアナ・ヒルデブランドさん(ネガソニック・ティーンエイジ・ウォーヘッド)、忽那汐里さん(ユキオ)、ロブ・ディレイニーさん(ピーター)の再登場が確認されています。公開されている公式予告では他にも多数の再登場キャラクターが確認されています。

そしてエマ・コリンさんがヴィランのカサンドラ・ノヴァを演じています。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に米劇場公開予定、日本は 2024年7月24日 に世界最速公開です。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「エターナルズ」からベッキー・リンチさんが削除されていたと言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」からWWEレスラーのベッキー・リンチことレベッカ・クインさんが削除されたと、プロレス系スクーパーの Figh …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアはミュータントである事が確認、前作ポスクレ登場予定だった事も判明

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長と俳優のテノッチ・ウエルタさんが海外メディア Empire とのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワ …

【噂話】「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」、日本とアダマンチウムの関係が再度報じられる

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」で紹介されるというアダマンチウムについて、新たな情報が報じられていま …

映画「ソー:ラブ&サンダー」のディズニープラス配信はいつ?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」が2022年7月8日に劇場公開され、はや一ヶ月以上、ディズニープラスでの配信時期が迫っているかもしれ …

ディズニーのハッキング被害が事実だとウォール・ストリート・ジャーナルが報道

先日から噂されているウォルト・ディズニー社がハッキングされたという話題にたいして、ウォール・ストリート・ジャーナルが正式にその被害を確認したと報道しました。1.1テラバイトにも及ぶとされる盗まれたデー …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。