まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ソー:ラブ&サンダー」、イドリス・エルバさんが今後も「何か出来るかもしれない」と語る

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」でヘイムダルを演じたイドリス・エルバさんが、今後のMCUのヘイムダルについて「何か出来るかもしれない」と考えている事を明かしました。

sponsored link
 

イドリス・エルバさんは最新作「ビースト」のプロモーションツアーの中で海外メディア Syfy から今後のヘイムダル復帰の可能性について質問され、「ヘイムダルは愛されるキャラクターで、演じるのが大好きです。何か料理ができるかもしれませんね。」と述べました。

その「何か」が何であるかについてさらに尋ねられると、エルバさんは「わかりません、わかれば教えますよ。まあ、たぶん分からないだろうけど・・・」と答えています。

「ラブ&サンダー」ではヘイムダルが「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」にて確実に死んでいたことが判明し、ヴァルハラでジェーン・フォスターと再会する事になりました。

しかし、アスガルド人にとって、死とは肉体を失ったという状態の変化に過ぎず、全てが喪失したわけではない事も明らかになりました。

コミックを参考にすれば、ソーがオーディンと同様のちからを手にした時、ヴァルハラの戦士たちを現世に呼び戻すことが可能になりますし、そうでなくてもヴァルハラ内での新たな冒険を描くことは可能だと考えられています。

また、「ムーンナイト」では主人公が死からの復活を遂げており、MCUのルールにおいて死者蘇生がタブーではなくなっているとも言える展開になっています。

スティーブ・ロジャースやトニー・スタークのようなキャラクターを演じた俳優さんが「有終の美」を重んじて再演をためらうケースもあり、その点においてはファンも再登場を見たいと思いつつもラストシーンをぶち壊されたくないといった複雑な心境にあります。

一方でイドリス・エルバさんはまだ先の物語の可能性を考えているようで、新たな脚本次第では再びスクリーンでヘイムダルを見られる事になるようです。

映画「ソー:ラブ&サンダー」は劇場公開中です。

ソース:WILL HEIMDALL RETURN TO THE MCU? IDRIS ELBA SAYS THERE ‘MAY BE SOMETHING COOKING’

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ソー:ラブ&サンダー」、タイカ・ワイティティ監督がグランドマスターの削除理由について語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が映画本編には登場しなかったジェフ・ゴールドブラムさん演じるグランドマスターのシーンについて、海外 …

映画「モービウス」、アル・マドリガルさんはSSUのコールソンになりたいと考えていたと言う

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」でロドリゲス捜査官を演じたアル・マドリガルさんが、海外メディア ComicBookMovie.com とのイ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」の上映時間は119分か

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のチケットが AMC や Cineworld などで予約が開始されました。そしてこれらのサイトから、 …

映画「スパイダーマン:NWH」初期の脚本には大物キャラクターがいたという

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したクリス・マッケナさんとエリック・ソマーズさんは海外メディア The Wrap とのインタビュ …

エルサ・パタキーさんが映画「ソー:ラブ&サンダー」での夫クリス・ヘムズワースさんとの舞台裏写真を公開

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」にカメオ出演したエルサ・パタキーさんが、主演であり夫であるクリス・ヘムズワースさんの誕生日を祝して、 …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。