まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

【噂話】「ノヴァ」の開発が中止され、「ウィッカン」が進められていると言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオがスペシャル・プレゼンテーションとして開発中だと噂されていたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ノヴァ」が開発を中断していると、海外スクーパーが報じています。それと同時に「ウィッカン」の開発がスタートしているとも言います。

sponsored link
 

もともと映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」に登場予定だったとされるノヴァは、かねてより実写化計画が報じられ、2022年10月には「ウェアウルフ・バイ・ナイト」や「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー ホリデースペシャル」と同じマーベル・スタジオ・スペシャル・プレゼンテーションとして開発されていると報じられていました。

これについて最近、MTTSH 氏は「ノヴァは中止されました。スタジオは現在他の事に集中しており、将来的にはノヴァに戻る予定です。」と一時中断状態にある事を報告。

一方でダニエル・リヒトマン氏は「アガサ:カヴン・オブ・カオス」、「ヴィジョンクエスト」に続く「ワンダヴィジョン」スピンオフ第3弾として「ウィッカン」の開発が始まっていると報告しています。

つい先日も「アガサ:カヴン・オブ・カオス」ではジョー・ロックさんがウィッカン/ビリー・カプランを演じていると報道されていました。

コミックでは母親のワンダから現実改変能力を引き継いでいるウィッカンですが、MCU版ではどうなるのでしょうか。「ワンダヴィジョン」のビリーはワンダ同様のテレキネシス等を使うシーンがあり、何らかの魔法を使える事が描かれていました。

そもそもワンダの息子と表記されるウィッカンは生物学的には息子ではありません。ワンダとヴィジョンの間に(カオスマジックによって)生まれた双子は出産後すぐに悪魔メフィストに取り上げられ吸収、双子の魂はそれぞれ別の家庭に転生しており、生みの母親は別に存在しています。

ジョー・ロックさん演じるウィッカンがコミックどおりに転生したビリーであるかは不明ですが、「ワンダヴィジョン」から2~3年前後しか経過していない事を考えると、ビリーが青年の姿になっている事には何らかの理由付けがありそうです。

コミックの「ザ・チルドレンズ・クルセイド」ではウィッカンを中心にヤングアベンジャーズがワンダの失われた記憶を取り戻していく物語があり、MCUでもこれらのスピンオフを起点にワンダを救済していく事になるのでしょうか?

sponsored link
 

「ヴィジョンクエスト」と共に今後の情報には注目となりそうです。

-ドラマ, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

アニメ「アイ・アム・グルート」S2のエターナルズのイースターエッグ

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の短編アニメ「アイ・アム・グルート」シーズン2の配信がスタートし、ディズニープラスにベイビーグルートが帰ってきました。シーズン1同 …

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」シーズン2は計画中?俳優が示唆するもスクーパーは否定

マーベル・スタジオが撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」にシーズン2が計画されている可能性を、本作でキングピン/ウィルソン・フィスクを演じるヴ …

MCU版「ファンタスティック・フォー」は素晴らしいものになると「アントマン」監督が太鼓判

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のペイトン・リード監督がYoutubeのSomos Geeksチャンネルとのインタビュ …

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」、先行上映で880万ドルの興行収入を記録、RTレビューは99%の超高評価

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」は 9月2日 の全米における先行上映で880万ドルの興行収入を記録したと、海外メディア …

「X-MEN:ダーク・フェニックス」ヴーク役ジェシカ・チャステインさん、「ヴィラン役なら」マーベル映画に戻る

20世紀FOX制作のX-MENシリーズの映画「X-MEN:ダーク・フェニックス」で謎の女ヴークを演じたジェシカ・チャステインさんが、条件付きでならマーベル映画に戻る意欲があることを明かしました。その条 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。