まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「マーベルズ」、ラシャーナ・リンチさんがバイナリー役撮影を振り返り、今後について言及

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」でバイナリーを演じたラシャーナ・リンチさんが、海外メディア CBM とのインタビューで撮影の裏話や今後の展開について語りました。

sponsored link
 

映画「キャプテン・マーベル」(2019年)でキャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァースの親友マリア・ランボーを演じたラシャーナ・リンチさんは、その後、映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」(2022年)ではキャプテン・マーベル変異体を演じ、今回の「マーベルズ」でもコミックのキャプテン・マーベルでもあるバイナリーを演じる事となりました。

リンチさんが出演したポストクレジットシーンではバイナリーがX-MENのメンバーに設定されているような描写で、今後の展開について大きな含みを持たせていました。

これについてリンチさんは「X-メンのメンバーになるという話はまったく聞いていません。私たちはそれについて会話もしていません。撮影は1日だけでしたがこんなにインパクトがあるとは思っていませんでした。当時私は『マチルダ』に出演していたので、それが驚きです。」と撮影当時を振り返りました。

また、今後の展開について「わからないんです。以前は、自分が何を演じるのか知っておきたいタイプだったので、わからないのはちょっと嫌だったんですが、今は知らないほうが好きなんです。あんなシーンになるなんてまったく知りませんでした。多分、製作陣は最初から計画していたんでしょうけどね。」と述べ、「正直、次は何が来るか分かりませんが、フランチャイズがどこに向かっているかを考えると、自然とワクワクします。今後の展開が楽しみです。」と答えました。

以前の別のインタビューでは、このシーンに関する台本もなかったと明かしています。

現状で「キャプテン・マーベル3」の制作発表がなく、別の世界へ行ってしまったモニカ・ランボーとバイナリーが次にどこに登場するかは不明となっています。「キャプテン・マーベル3」がなければ「アベンジャーズ5」や「アベンジャーズ:シークレット・ウォーズ」になる可能性が高く、次点で「ドクター・ストレンジ3」などでの再登場も考えられそうです。

映画「マーベルズ」は ディズニープラスで配信中です。

ソース:THE MARVELS Star Lashana Lynch Discusses Potentially Joining The X-MEN As MCU’s Binary (Exclusive)

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」のアンソニー・マッキーさんが最新作に望む事を明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」の主演を務めるア …

ジェームズ・ガン監督が「ガーディアンズ3」の上映時間についてヒントを提供

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Volume 3」のジェーム …

映画「マダム・ウェブ」、ロケ地でダコタ・ジョンソンさんの姿を確認

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影が行われているボストンで、主演のダコタ・ …

映画「エターナルズ」監督、チームがサノスの指パッチンの影響を受けなかった理由を説明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のクロエ・ジャオ監督が、海外メディア CinemaBlend とのインタビ …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」監督がヴェノムとカーネイジの能力の違いを説明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズの映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のアンディ・サーキス監督が主人公ヴェノムと、敵対するシンビオート「カーネ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。