まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「デッドプール&ウルヴァリン」のプロモアートが変異体をネタバレする

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の公開が迫るにつれて関連グッズの展開が進む中、グッズに使用される新たなプロモーションアートがオンライン上に到着しました。そのアートでは劇中に登場すると見られるいくつかのデッドプール変異体が描かれています。

※これより先は「デッドプール&ウルヴァリン」のネタバレを含んでいる可能性があります。ご覧の際はご注意ください。

sponsored link
 

ウルヴァリンの爪が飛び出す時の金属のような擬音は英語で「SNIKT」と表現され、その5文字のアルファベットにデッドプールとその変異体のシルエットが描かれています。

左からベイビープール、キッド・デッドプール、本人、既に公開済みのドッグプール、ヘッドプールと、コミックのデッドプール・ヴァリアントが描かれているようです。

撮影現場ではこれらとは異なる変異体の姿が目撃されていた他、予告にも変異体らしき姿が登場。さらにマーベルインディアも別の変異体の登場を示唆していた(そして削除した)事を考えると、想像よりも多くのデッドプール変異体が準備されている可能性があるようです。

本作は過去の映画からの再登場キャラクターが多いとされている事に加えて、デッドプールとウルヴァリンの変異体も多数登場するとされています。そのうえでランタイムが2時間弱に設定されているとの報告があり、自動的に個々のキャラクターに割かれる時間は短くなりそうです。

第2弾予告でこれらのうちのいくつかが紹介されるのか、期待して待つ必要があります。

米公式あらすじは以下の通りです。

中年の危機を経験しながら職業上の挫折に直面した後、ウェイド・ウィルソンはデッドプールを正式に引退し、中古車のセールスマンになることを決意しました。しかし、友人、家族、そして全世界が危険にさらされているとき、デッドプールは引退生活から刀を持ち出すことを決意する。彼は、自分たちの生存だけでなく、最終的には彼らの遺産のために戦うために、消極的で警戒心のあるウルヴァリンをスカウトします。

映画「デッドプール&ウルヴァリン」は 2024年7月26日 に劇場公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

「ウォーキングデッド」漫画家が「サンダーボルツ」のスティーブン・ユァンさんの役をネタバレしてしまう

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 「ウォーキングデッド」「マーベル・ゾンビーズ」「アルティメット X-Men」などの脚本を手掛けるライターのロバート・カークマンさんが、マーベル …

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」はカーンだけでなくM.O.D.O.K.も登場すると言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に新たなヴィランM.O.D …

Youtubeのスパイダーマン公式チャンネルにて「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」デジタルリリースに向けたプロモ動画が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 サム・ライミ監督の映画「スパイダーマン」公開20周年と、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホ …

ソニーのスパイダーマンスピンオフ映画「ブラックキャット」の開発再開が報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが2014年公開の「アメイジング・スパイダーマン2」の開発段階から映画化を計画していた「ブラックキャット」の開発を再開して …

報道一転、「マーベルズ」はMCUで極めて高額な映画だと言う

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 昨日、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」の制作予算が1億3000万ドルとMCUで最も低額だと報道されたにも関わ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。