まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:NWH」、MJがヒーローとなる計画があった事が明かされる

投稿日:

現在、日本を除く世界中で大ヒット上映中の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」。今作ではゼンデイヤさん演じるMJがヒーローとなる計画があった事が明かされました。海外メディア OK とのインタビューに応じた主演のトム・ホランドさんとゼンデイヤさんは、「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でMJをスーパーヒーローにするために、プロデューサーを説得したことがあるか」と聞かれ、コメントしました。

sponsored link
 

質問を受けたゼンデイヤさんは、「ないないない(笑) 」と即答しましたが、トム・ホランドさんは「制作陣はしばらく試行錯誤していたよ、覚えているかい?」とフォローしました。

過去にはそういう計画があった事を認めた上で、「MJにとても満足している」こと、そして「スーパーヒーローは彼(ホランドさん)に任せている」とを明言しました。この事は以前の別のインタビューでも同様に語っていました。

でもスーパーヒーローはこの人に任せるわ。MJというキャラクターには本当に満足しているんです。そして、ネッドとMJとピーターもそうだけど、ジョン(監督)がやっていることは本当に特別で、彼らの間に美しい友情と愛を生み出し、そこに美しい愛の物語を作り上げているんです。

ゼンデイヤさんは、スパイダーマンが世界を救う一方で、「彼には助けが必要で、自分一人ではできない」とも明言しました。

でも、スパイダーマンは世界を救うけど、彼にも助けが必要なんです。そうでしょう?彼は一人ではできない。彼は一人で解決しようとする若者で、そこにネッドとMJがやってきて、彼が解決するのを助けようとするんだと思うんです。彼らは皆、とても頭のいい子供たちです。だから、彼らは自分たちの頭脳を結集し、互いに助け合い、支え合っているんです。だから、チームの一員であることは全く問題ないんです。

スタジオがゼンデイヤさんをどんなスパイダーウーマンにしようと考えていたかは明かされませんでしたが、トム・ホランドさんはMCUでシルクやジャックポットを見てみたいという心境を明かしています。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「マダム・ウェブ」の撮影現場でスパイダーマン縁の店のセットが目撃される

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影が行われているボストンで、コミックのスパイダーマンに縁のある店のセットが建てられているとSNS …

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」にソーは関与していないと監督が明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」のジェームズ・ガン監督が、海外メディア ScreenRant とのコミコン …

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」からレッドスカルの未使用コンセプトアートが公開

映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」(2018年)の公開から2年。 コンセプトイラストレーターのロドニー・フェンテベラさんが自身のInstagramにてレッドスカルの未使用のコンセプトアート …

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」から削除シーンの写真が公開 ─ ストレンジをサポートするワンダの姿

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)から削除されたワンシーンの写真が公開されました。 ハリウッドの写真家であるチャック・ズロトニックさんがweb上でシェアしたものです。 Deleted …

トム・ホランドさん、映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の宣伝でソニーに怒られたと語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」で主演を務めたトム・ホランドさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。