まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

トム・ホランドさん、女性版スパイダーマンを見たいと語るもゼンデイヤさんは「トムに任せる」と返す

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の劇場公開を前に、トム・ホランドさん、ゼンデイヤさん、ジェイコブ・バタロンさんの3人が海外メディア Extra とのインタビューに応じ、「スパイダーマンの未来」について語りました。

sponsored link
 

トム・ホランドさんはインタビューの中で、「スパイダーマンの未来がどうなっているのかわからないんです。自分がその一部になるかどうかもわかりません。スパイダーマンは常に私の中で生き続けています。スタジオのエイミーは、次の章のスパイダーマンがどのようなものかを知りたがっているのを知っています。もしそれが僕と一緒になるのであれば、それはとてもエキサイティングなことです。でも、もし僕が立ち去る時が来たら、誇りを持ってそうしますよ」と語っています。

また、以前に「30代になってもスパイダーマンを演じているとしたら、何か間違ったことをしている」と発言したとの報道に対してホランドさんは、自分の言葉は “いつも誤解される “し、”実際に真実を語る人はいない “と冗談めかして言い返しました。

「インタビューの中で “もし30歳になってもスパイダーマンを演じていたら、何か悪いことをしたことになる “と言ったのは、誰かが入ってきてスパイダーマンであることの意味を変えてしまう機会を奪うことになるからです。スパイダーマンはもっと多様性があってもいいし、女性のキャラクターでもいいし、何でもいいんです」

Extraはこの言葉を受けて、ゼンデイヤさんに次のスパイダーマンになる可能性を尋ねました。ゼンデイヤさんは、「トムにスパイダーマン役を任せる」と笑いながら答えましたが、スタッフと「マイルズ・モラレスをMCUで見てみたいといつも話している」と明かしました。

ホランドさんもゼンデイヤさんに続いて「マイルズも見たいし、シルクも見てみたい。本当にクールなジャックポットの映画ができると思う。」とコメントしました。

これを受けてゼンデイヤさんはトムを振り返り、MCUではトニー・スタークがピーター・パーカーにしたように、新しいスパイダーマンのメンターとしての役割を果たすことで、「(トムが)若いマイルズに対してアイアンマン化するのを見てみたい」と認めました。

シルクことシンディ・ムーンはピーターを噛んでスパイダーマンになるきっかけを与えたのと同じクモに噛まれた女の子で、MCUでもすでに映画「スパイダーマン:ホームカミング」にもピーターの同級生として登場しています。

シルクの実写ドラマ計画は以前から報じられており、先月発表されたディズニープラスのアニメシリーズ「Spider-Man: Freshman Year」にも登場する可能性はあるかもしれません。

「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公式あらすじは以下の通りです。

『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』でピーター<スパイダーマン>はミステリオを倒したが、彼が遺した偽映像をデイリー・ビューグルが公開したことで、ミステリオ殺害の嫌疑をかけられる。ピーターがスパイダーマンの正体であることも暴かれてしまい、彼の生活は一変してしまう──

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2022年1月7日 に日本公開予定です。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

スターロード役クリス・プラットさん、11月から映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の撮影に入る事を報告

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズでスターロード/ピーター・クイルを演じるクリス・プラットさんが、ジミー・キンメル・ライブ!に出演し、最新作 …

ティ・チャラの母ラモンダ役アンジェラ・パセットさん、「ブラックパンサー2」のマーベルの決断についてコメント ─ 彼はかけがえのない存在

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ブラックパンサー」シリーズなどで主人公ティ・チャラの母親でありワカンダの女王ラモンダを演じるアンジェラ・パセットさんが、次回作「ブラックパンサー2」で …

「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーンさん、グリーンゴブリン再演について再度意欲を示す

2014年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン2」でグリーンゴブリン/ハリー・オズボーンを演じたデイン・デハーンさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、グリーンゴブ …

ドミノ役ザジー・ビーツさんは映画「デッドプール3」について何も知らないと言う

FOX制作のマーベル映画「デッドプール2」でドミノ役を演じたザジー・ビーツさんが、海外メディア Variety とのインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)として制作が決まっ …

映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の上映時間が90分である事が判明

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」の上映時間が1時間半(90分)である事が判明しました。米チケットサイト Fan …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。