まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ジェイミー・フォックスさんが「もっと酷いバージョン」のネタバレをしそうになっていたと明かす

投稿日:

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でエレクトロを演じたジェイミー・フォックスさんが、海外メディア Cinema Blend とのインタビューに応じ、撮影当時を振り返りました。

sponsored link
 

フォックスさんは本作の撮影について「クレイジーなものでした。あの映画を作ったときは、まるでロックコンサートのようでした。そして、ソニーは神秘的で素晴らしい仕事をしたと思います。でも、それを台無しにするところでした。」と撮影中にネタバレギリギリの投稿をした事件の事を交えて振り返りました。

しかし、実際にはもっとひどい事態になる可能性があった事を次のように明かしています。

「撮影現場について3人のスパイダーマンが揃った瞬間、僕はこう思いました。(スマホを手に)『ああ、僕たちはここにいるぞ、みんな』、『ライブ配信しよう』。すると誰かが火事のように私の上に飛びかかってきました。『シッ!これは誰も知らない事なんだ!』『そうか、悪かったよ、オーケー。3人ともここにいる事は知らなくていいよ』という感じでした。結局彼らは素晴らしい仕事をして神秘性を持たせることが出来ました。観客を劇場に呼び戻すには必要だったと思います。」

ジェイミー・フォックスさんが撮影内容に触れたInstagramの投稿は当時多くのファンを賑わせました。これだけではなく、ライブ配信までしかけたというのが事実なのかジョークなのかは不明ですが、事実だとすればもっととんでもない事になっていたかもしれません。

マーベル・スタジオ作品は基本的にNDA(秘密保持契約)にサインが必要だと、これまで多くの出演俳優さん達が明かしていました。それでも俳優陣からのネタバレが発生する時はありますが、ソニー・ピクチャーズとキャストの間でどのような契約が交わされているかは不明です。

ネタバレが作品の収益にどの程度の影響を与えるかは理論化されていませんが、基本的には無料の広告として機能すると考えられています。実際問題、ネタバレされていても面白い作品は何度も観るに耐えうるものであり、ゲーム配信の分野でも有名ストリーマーが配信した旧作タイトルが突如売上を伸ばすことはよくある事象です。

完全にネタバレ済みとも言える「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のもっと楽しいバージョンこと The More Fun Stuff Version はどの程度のファンを惹きつけるのでしょうか。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」The More Fun Stuff Version は 2022年9月9日 日本劇場公開予定です。

ソース:Jamie Foxx Reveals What Happened After He Spoiled Spider-Man: No Way Home On Social Media

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

マーベルがミス・ミニッツをフィーチャーしたMCUフェーズ5のティザービデオを公開

マーベル・インディアがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ5がスタートする映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」の劇場公開が迫っている事を記念して、Twitterにフェーズ5の …

映画「ニュー・ミュータンツ」のブルーレイ、米国で11月17日発売─舞台裏映像も公開

20世紀FOXが手掛けた最後のX-MENシリーズの映画「ニュー・ミュータンツ」のBlu-rayがアメリカで 2020年11月17日 に発売されることが決定しました。「ニュー・ミュータンツ」は世界37カ …

ライアン・レイノルズさんが歌とダンスのクリスマス映画「デッドプール」の構想を明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」で主人公をデッドプール/ウェイド・ウィルソンを演じるライアン・レイノルズさんが、海外メディア BigIss …

映画「ブラックウィドウ」の新しい劇中写真が公開

映画「ブラックウィドウ」の新しい劇中写真が公開されました。 ひとつはウィドウズの襲撃から身を隠すナターシャ。トレーラーでのエレーナとの再会の前後でしょうか。 もうひとつは建物屋上でのエレーナ。トレーラ …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、VFXSVが話題になったトレーラーの編集ミスについて説明

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は公開前から様々な噂が飛び交っていましたが、2021年11月にブラジルで公開されたトレーラーに編集ミスがある …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。