まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックパンサー2」、計画変更前のプロットが明らかに

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」でナキアを演じるルピタ・ニョンゴさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューの中で、2020年、チャドウィック・ボーズマンさんが亡くなる前に用意されていた脚本について一部明かしました。

sponsored link
 

ライアン・クーグラー監督と共同脚本のジョー・ロバート・コールさんが手掛けたもとの脚本について、ルピタ・ニョンゴさんは「チャドウィックが亡くなる前に書いた脚本は、ティ・チャラの視点にとても根差したものでした。重厚な映画であると同時に、彼の心理や状況を深く掘り下げた人物研究でもあったのです。」と明かしました。

しかしボーズマンさんが亡くなってしまった事で「中心人物を失ったことで、すべてが変わりました。世界が彼を中心に回っていたと言えば、実際そうなんです。」と語りました。

そして、書き直された「ワカンダフォーエバー」について「ブラックパンサーは何世紀も前からワカンダに存在しているので、他の誰かがマントを手に入れるという考え方はおかしくありませんでした。しかし、それが現実のものとなった後、『では、この物語にとって最も理にかなったものは何か?このことを引き受けるのに最も意味があるのは誰なのか?』この映画の登場人物は全員、誰がなぜマントを着るべきか、それぞれ違う考えを持っているんです。」と説明しました。

前作の映画「ブラックパンサー」はワカンダという新しい土地を紹介する事に重きを置き、それにかかわるヴィランのキルモンガーに焦点があっていた事もあり、ティ・チャラ本人についてはそこまで深く描かれていませんでした。その後もアベンジャーズ映画に登場したブラックパンサー/ティ・チャラですが、キャラクターの内面については「ワカンダフォーエバー」までお預けになっていました。

ティ・チャラの俳優を変えて計画通りの脚本で制作する事はせず、ティ・チャラを亡くなったことにして脚本を大きく変更しての制作を進めた今回の作品。新たなブラックパンサーが何を描いていくのか、注目となっています。

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」は 2022年11月11日 公開予定です。

ソース:Lupita Nyong’o on the Intense Shoot for ’Black Panther: Wakanda Forever’ and the Weight of Global Stardom

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「モービウス」、監督が人殺しスパイダーマンの落書きが映画に無かった事について説明

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」のダニエル・エスピノーサ監督が、予告動画で話題となった Murderer とラクガキされたスパイダーマンの壁 …

ジェームズ・ガン監督が「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の選曲が終わっていることを明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が、現在制作中の3作目に挿入されるサウンドトラックの選曲が終わっていることを自身 …

クリス・エヴァンスさんが「キャプテン・アメリカだった頃が恋しい」と明かす

ピープル誌が選ぶ「今年最もセクシーな男性」に選ばれたクリス・エヴァンスさんが、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ」シリーズや「アベンジャーズ」シリーズを振り返り …

ジェイミー・アレクサンダーさん、アトランタへ移動開始 ─ ドラマ「ロキ」にレディ・シフ登場か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「マイティ・ソー」シリーズでレディ・シフを演じていた女優のジェイミー・アレクサンダーさんが、自身のInstagramで撮影のためにアトランタへ移動中であ …

MCUにクリス・エヴァンスさんのキャプテン・アメリカが戻ってくると報じられる

ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の配信を3月に控え、2代目キャプテン・アメリカが誰になるのかが話題になっている中、海外メディア Deadline がマーベル・スタジオがキャプテン・ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。