まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、フラッシュは裏金で入学していた?演者が裏話を明かす

投稿日:

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」でフラッシュ・トンプソン役を演じたトニー・レヴォロリさんが、海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューの中で、フラッシュがなぜ大学に合格出来たのかという疑問に対して裏話を明かしました。

sponsored link
 

本作では殺人容疑をかけられたスパイダーマン/ピーター・パーカーと、その友人であるという理由でネッドとMJの二人もMIT(マサチューセッツ工科大学)から不合格通知を受け取る事になりました。しかしながら、ネッド&MJよりも「ピーターとは親友」だとアピールしていたフラッシュは大学に合格するという謎のストーリーが組み込まれていました。

この疑問についてレヴォロリさんは「フラッシュは、間違いなく裏金買収で学校に入ったんです。撮影当時は、金持ちの親が子供を入学させるために賄賂を使うという、大学入学に関するスキャンダルが起こっていました。だから、フラッシュもそうなんだろうと冗談で言っていたんです。だから、同じケースであることを想像していたとコメントしておきます。」と語りました。

また、別の裏話として、「ファー・フロム・ホーム」のエンディングで空港に迎えに来ていたフラッシュの運転手は元々父親役を演じる予定だった事も明かしました。

「フラッシュの運転手ジェラルドは、本当は父親を演じるはずだったんです。でも前日、プロデューサーの一人であるクリス・ボンジョルノと飲んでいて、『これだけやっても、彼の両親が現れなかったらどうしよう』って話になったと思います。それで結局、ギャグみたいになったんだけど、その俳優をフラッシュの父親役とフラッシュの運転手役にして、両方のバージョンを撮影したんです。結局、運転手のバージョンの方が面白くて、そちらが使われることになりました。」

フラッシュが「スパイダーマン4」に再登場するかどうかは不明ですが、トニー・レヴォロリさんは先月の別のインタビューで再演の意欲がある事を示しています。

また、裏金入学が公式設定として採用されているかはともかくとして、フラッシュがMITの学生になっている事はアイアンハート/リリ・ウィリアムズと同級生という事でもあります。ドラマ「アイアンハート」にもカメオ出演の可能性がありますが、フラッシュの次の舞台はどこになるのでしょうか。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」はBlu-ray等発売中です。

ソース:‘Willow’ Star Tony Revolori Talks Episode 4’s Reveal and the ‘Spider-Man’ Story Point He Suggested

-映画

執筆者:

関連記事

チャーリー・コックスさんが「デアデビル」の今後について自身の考えを明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」にデアデビル/マット・マードックとして出演したチャーリー・コックスさんが、アブダビで開催された第10回中東映 …

#StayHome MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)で学ぶステイホーム術! ─ おすすめ映画3選

新型コロナウイルスの影響で自宅待機するケースが増えていますが、ヒーローやヴィランだって自宅待機の経験があります。彼らからステイホーム術を学ぶために、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画 …

映画「ブラックウィドウ」の新しいポスターが公開

映画「ブラックウィドウ」から新たなポスターが公開されました。ポスターには、ナターシャ、エレーナ、メリーナ、アレクセイ、O・T・ファグベンルさん演じる謎のキャラクター(ポスター右上)、タスクマスター、そ …

ドラマ「ホークアイ」の冒頭と映画「アベンジャーズ」の違いが発見される

ディズニープラスで配信中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」の1話冒頭で流れたケイト・ビショップの過去のシーンは、2012年公開の映画「アベンジャーズ」のワンシーンを …

映画「ブラックウィドウ」日本での公開も延期が決定

5月1日に公開予定とされていた映画「ブラックウィドウ」ですが、北米での延期に続き、日本でも公開延期がアナウンスされました。 映画公式サイトによると、「新型コロナウイルスの感染拡大防止および来場されるお …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。