まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

グッズとイベント 映画

【ネタバレ注意】映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」レゴ新商品から様々な情報が明らかに

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

年末の公開を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は様々な噂が飛び交い、何が起こるのか様々な論争を引き起こしています。そんな中、米LEGOの公式サイトに「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の新商品が登場し、新たな話題となっています。

※これより先は映画のネタバレを含む可能性があります。ご注意ください。

まずは「Spider-Man at the Sanctum Workshop」

こちらは商品名のとおり、サンクタムを舞台としたバトルをイメージした商品のようです。

©2021 MARVEL,Disney,LEGO

パッケージの右上には「ノー・ウェイ・ホーム」の新コスチュームらしきスパイダーマンが描かれており、キャラクターとしてスパイダーマン、MJ、ドクター・ストレンジ、そしてウォンが付属しているようです。ストレンジが映画に登場することは公表されていますが、ウォンはそうではありませんでした。しかし、サンクタムを舞台とするならば、実際に映画に登場しても不思議はありません。

敵として付属しているのは商品説明によると「バグモンスター」、つまり昆虫型怪物。サソリのようにも見えるこのモンスターはマルチバースからの侵略者なのでしょうか?

そして、もうひとつ、謎が深まる商品「Spider-Man vs. Mysterio’s Drone Attack」がこちら。

タイトル的にも「スパイダーマンとミステリオのドローン攻撃」と映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」を1シーンを再現している商品のように思えますが、どういうわけか「ノー・ウェイ・ホーム」のロゴがデザインされています。

©2021 MARVEL,Disney,LEGO

付属するキャラクターもミステリオとフューリーで、どうみても「ファー・フロム・ホーム」にしか見えませんが、彼らもやはり再登場するのでしょうか。

ミステリオは「ファー・フロム・ホーム」の最後で死を偽装していると考えられているため、いずれ再登場するだろうとは予想されていますが、その機会は思ったよりも早いのかもしれません。

※追加情報

さらに別の商品「Spider-Man’s Drone Duel」が追加されています。

©2021 MARVEL,Disney,LEGO

こちらは「スパイダーマン:ホームカミング」のバルチャーが登場していますが、やはり「ノー・ウェイ・ホーム」の商品になっています。


レゴの新商品からの情報は当たることもあれば外れることもしばしば。

例えば「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の公開前には6商品が発売されましたが、その中の「ザ・ハルクバスター・スマッシュアップ」のシーンは、実際の映画にはありませんでした。

本来は映画の制作に合わせてLEGOの商品開発も進んでいるはずですが、映画側が内容の変更の舵を切っても、LEGO側は工場生産が始まってしまったら引き返せない、などの事情があると考えられます。

撮影が始まる以前からファンを苦しめ、あるいは楽しませて来た「ノー・ウェイ・ホーム」ですが、今回のレゴ新商品はファンの考察、予想に新たな一石を投じるものとなっています。

sponsored link
 

レゴの新商品「Spider-Man at the Sanctum Workshop」、「Spider-Man vs. Mysterio’s Drone Attack」は 2021年10月1日 米国発売予定。

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」は 2021年12月17日 米国公開予定です。

-グッズとイベント, 映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ」の脚本家がストレンジとクリスティーンの関係のその後を明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ」の1作目で脚本を担当したC・ロバート・カーギルさんが、ドクター・ストレンジとクリスティーン・パーマーのその後について明かしま …

映画「シャン・チー」の削除シーンからシャン・チーとレーザーフィストが義兄弟だった事が判明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」のディスク版の発売を控え、収録されている舞台裏映像や削除シーンなどのいくつかがプロモー …

「アメイジング・スパイダーマン2」のデイン・デハーンさん、グリーンゴブリン再演について再度意欲を示す

2014年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン2」でグリーンゴブリン/ハリー・オズボーンを演じたデイン・デハーンさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、グリーンゴブ …

マーベル公式がMCU版のキャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァースの年齢について言及

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」の主人公、キャロル・ダンヴァースの年齢について、マーベル・インディアのX(旧Twitter)アカウン …

【噂話】アンドリュー・リンカーンさんがマーベル・スタジオと交渉中

マーベル・スタジオと俳優のアンドリュー・リンカーンさんが現在MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)作品出演に向けて交渉中であると、海外メディア Giant Freakin Robot が報じ、 …

PREV
モバイルゲーム「LINE:ディズニー ツムツム」にワンダ、ヴィジョン、ロキが7月いっぱいの期間限定で登場
NEXT
ドラマ「ロキ」、神聖時間軸に4話のネタバレは許されない ─ ミス・ミニッツが監視している事をスタジオが明かす

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。