まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

【噂話】ドラマ「シーハルク」にウォンが登場すると言う

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

2022年、ディズニープラスで配信予定のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク」に「ドクター・ストレンジ」シリーズに登場しているソーサラースプリームのウォンが登場すると、海外メディア The Cosmic Circus のリジー・ヒル氏が投稿しました。

sponsored link
 

投稿によると「ウォンがシーハルクにいるという信頼できる情報源からかなり前に聞いたことを投げ入れます。」との事で、詳細は不明になっています。

ウォンが「シーハルク」に登場する可能性は映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」からも推測出来るものでした。「シーハルク」にはアボミネーションの再登場がアナウンスされていますが、「シャン・チー/テン・リングスの伝説」ではウォンとアボミネーションが一緒にポータルでどこかへ行く様子が描かれており、なんらかのコンビ関係になっている事が示唆されていました。

「シャン・チー/テン・リングスの伝説」ではあまり詳細に描かれませんでしたが、短い描写の中でウォンとアボミネーションは猛獣使いと猛獣のような関係にあることが推測されています。

「シーハルク」が法廷ドラマである事を考慮すると、アボミネーションが起こした問題に対してウォンが責任者として罪を問われる可能性も考えられるかもしれません。

ファンはウォンとアボミネーションがどのようにして知り合いになったかを知らされていないため、「シーハルク」にウォンが実際に登場するのであれば、彼らの出会いについても描かれる事を期待したい所です。

ウォンを演じるベネディクト・ウォンさんは以前のインタビュー「ケヴィン・ファイギから『MCUはWCU(ウォン・シネマティック・ユニバース)になりつつあるね』と言われた」と明かしており、自身ではMCUのフェーズ・フォーではなくフェーズ・ウォンと呼んでいるとのジョーク放つほど、かつてのニック・フューリーのようにウォンの活動範囲が広がっているようです。

ドラマ「シーハルク」は2022年 ディズニープラスで配信予定です。

-ドラマ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

ヴィンセント・ドノフリオさんがドラマ「ホークアイ」の台本にはなかった演技について明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ホークアイ」でキングピンを演じたヴィンセント・ドノフリオさんが、海外メディア Rott …

アニメ「X-MEN’97」は2023年秋配信、登場キャラやシーズン2決定も発表

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオがアニメ「X-MEN’97」を2023年秋にディズニープラスで配信となる事をサンディエゴ・コミコン2022のパネル内で発表し …

ディズニープラス、12月の配信作品リストが公開 ─ マーベル作品は追加なし

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 動画配信サービス「ディズニープラス」の12月の作品ラインナップが公式サイトで公開されました。残念ながらX-MENシリーズの残りの映画作品や、エ …

MCUドラマ「ワンダーマン」の配信予定時期が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作しているという噂のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ワンダーマン」のリリース時期が判明しました。 …

ドラマ「シークレット・インベージョン」、先日のオリビア・コールマンさんの報道についてそうではないと報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」にキャスティングされているオリビア・コールマンさん …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年2月23日 SSU「マダム・ウェブ」(米2月14日)
◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年8月30日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム3」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。