まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」より、未使用に終わった悪魔たちのアートが公開

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」(2021年)より、ター・ローでの戦いに登場が計画されていたクリーチャーのコンセプトアートが公開されました。アートはマーベル・スタジオのコンセプトアーティストであるジェラド・S・マランツさんが、自身のInstagramにて公開しています。

sponsored link
 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

jsmarantz(@jsmarantz)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

jsmarantz(@jsmarantz)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

jsmarantz(@jsmarantz)がシェアした投稿

マランツさんは「これは、シャン・チーのための私のお気に入りの未使用のクリーチャーの1つです。これは、村人たちと戦う悪魔の最初のウェーブがどのようなものかを考えていた、ちょっとした青空段階のものです。映画制作は非常に有機的なプロセスであり、デザインしながら脚本が改良されていくので、課題のパラメーターはいつでも変わりうるということを、多くの人は知らないのです。今回のパスでは、村人と手をつないで戦い、飛んだり這ったりもできるバージョンに取り組んでいました。とても楽しかったです。Marvel visual developmentのチーム、そしてチームのリーダーである私の相棒、@andyparkartと一緒に仕事をするのは信じられないほど楽しい時間でした。」とコメントを添えています。

劇中ではドウェラー・イン・ダークネスと無数の悪魔が解き放たれ、ター・ローが戦場となりましたが、住民やシャン・チー、そしてグレートプロテクターによって守り切る事に成功しました。

コミックのドウェラー・イン・ダークネスはドクター・ストレンジのヴィランであり、外見はもっと人に近く、知的な存在でした。実写版では人の言葉を用いてウェン・ウーを騙すという知的な部分も見られましたが、封印が解けたあとのドウェラー・イン・ダークネスからは知的さを感じる描写は特にありませんでした。

未使用に終わった悪魔たちはディズニープラスで制作されるスピンオフや劇場版の続編に登場の機会が用意されるのか、それともこのまま封印されてしまうのか気になる所となっています。

映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」はBlu-ray、4k UHDなどが販売中、ディズニープラスでも配信中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ヴェノム3」、来週から撮影へ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作中のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「ヴェノム3」の撮影開始日が判明したと、海外メディア Mur …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」10点超のプロモアートが判明

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のグッズに使用される …

シルヴェスター・スタローンさんが演じてみたかったマーベルキャラを明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 76歳を迎えたシルヴェスター・スタローンさんが海外メディア The Hollywood Reporter とのインタビューの中でこれまでの俳優 …

ケヴィン・ファイギ社長が「ネイモア・ザ・サブマリナー」ソロ映画の可能性について言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 先日開催されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のワールドプレミアイベントの会場で …

「デッドプール3」でのバンシー再登場はなし?ケイレブ・ランドリー・ジョーンズさんが言及

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 20世紀FOX制作のマーベル映画「X-MEN:ファースト・ジェネレーション」でバンシーことショーン・キャシディを演じていたケイレブ・ランドリー …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。