まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

スター・ウォーズのジョージ・ルーカス監督が「マーベル映画は映画ではない」論に反論

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

2019年、マーティン・スコセッシ監督が「マーベル映画は映画ではない」と発言して引き起こされた今なお続く論争について、スター・ウォーズを制作してきたジョージ・ルーカス監督はどのような考えを持っているのでしょうか?今週、カンヌで行われたインタビューで、ルーカス監督は自身の見解を述べました。

sponsored link
 

動画の8分あたりからこの話題に入り、「いいですか。映画とは動く映像の芸術です。」とルーカス監督は切り出しました。「ですから、映像が動いていれば、それは映画です。マーティンは少し考えを変えたのかもしれませんね。」とコメントしました。

ルーカス監督はさらに、スコセッシ監督と一緒に仕事をした経験について語り、彼が最初はデジタルで映画を作ることに反対していたが、その考えも変わったことを述べました。

マーベルへの直接の言及は避けましたが、「映像が動いていればそれは映画」という理論で、スコセッシ監督の「マーベル映画は映画ではない」発言に反対しました。

ただし、インタビューの中では「ハリウッドについて言えば、彼らが語るストーリーはただの昔の映画です。『続編を作ろう、この映画の別バージョンを作ろう』ばかりで新しい発想がありません。大手スタジオには想像力がありません。」と、ハリウッド映画全体の質の低下についての見解も示しました。

別のカンヌでのインタビュー(THR)で、ルーカス監督は「スター・ウォーズ」の続編、「フォースの覚醒」「最後のジェダイ」「スカイウォーカーの夜明け」について語っています。

「本当に『スター・ウォーズ』を理解していたのは私だけでした・・・。この世界を実際に知っていたのは私だけなんです。例えば、フォースについても誰も理解していませんでした。会社を売却した後に始まった他の作品では、(オリジナルの)多くのアイデアが失われてしまいました。でも、それが現実です。手放した以上、諦める他ありません。」

元のインタビューに戻って、ルーカス監督は自身の引退を認め、「プロデューサーとして最後に手がけたのは『ストレンジ・マジック』というアニメ映画です。だから、私は自分がやりたい映画を作っていたのです。自分で資金を調達し、自分のスタジオを持っていました。ロサンゼルスに博物館を建設中です。とても忙しいんです。」と近況についても明かしました。

sponsored link
 

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ソー:ラブ&サンダー」の公式プロモ画像が到着

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の公式プロモーション画像が公開されました。画像は先日、米国の映画館でも確認されていたものですが、ショ …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のプロモアートがリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のグッズに使用されるプロモーションアートがリークされ、シュリやオコエの外観や、メイ …

カマラの母親役女優がInstagram更新するも即削除、映画「ザ・マーベルズ」出演か

ミズ・マーベル/カマラ・カーンの母ムニーバ・カーンを演じる女優のゼノビア・シュロフさんがInstagramを更新するも即削除し、話題となっています。目撃された投稿内容によると、ムニーバを含めたカマラの …

ドラマ「アイアンハート」に「ブラックパンサー」ライアン・クーグラー監督も参加か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「アイアンハート」へのキャスティングが報じられたアンソニー・ラモスさんが、海外メディア extratv とのインタビューの中で、本作に映画「ブラッ …

マイケル・キートンさんが「モービウス」のポストクレジットシーンについて「よく分かっていない」と明かす

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」に出演したマイケル・キートンさんが、Happy Sad Confused ポッドキャストに登場し、ファンを混 …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。