まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ロキはシーズン2よりも前にMCUに戻ってくるかもしれない

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」のシーズン2の監督が決まったことが2月に報じられ、主要な俳優陣も復帰を認める中、ロキがシーズン2よりも前にMCUに戻ってくる可能性がある事を、海外スクーパーの Murphy’s Multiverse が報じました。

sponsored link
 

記事によると、ロキのドイツ語吹替を担当している声優のピーター・ロンツェクさんがTiktokにて「現在取り組んでいるマーベルの新作で、話すことを許されていないものがある」と発言していたとの事。

この投稿は現在削除されており原語の確認が出来ませんが、米国では「MARVEL film」と訳されているようで、ドイツ語から英語への翻訳が正確であるならば、ロキはドラマシリーズではなく映画に登場する事になるようです。

現在、一旦の撮影を終えて(追加撮影中のものも含めて)編集作業中の映画と言えば「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、「ソー/ラブ&サンダー」、「ブラックパンサー/ワカンダフォーエバー」、「ザ・マーベルズ」の4作品。

この4つのうち、ロキが登場する可能性が高そうなのは「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」と「ソー/ラブ&サンダー」でしょうか。

ドクター・ストレンジもドラマの「ロキ」もマルチバースを扱う作品であり、ロキがストレンジ最新作に登場する事は2021年7月に報じられていました。報じたのは業界最大手の The Hollywood Repoeter であり、信頼度は高いと見られていますが、その後ほとんど続報がない事もあり噂の域を出ていませんでした。

「ソー/ラブ&サンダー」はいうまでもなく、ソーとロキが兄弟である事から、登場の舞台としては一番理にかなっています。しかし、トム・ヒドルストンさんは2021年6月のインタビューにて出演の噂を否定していました。

ブラックパンサーやキャプテン・マーベルとロキはあまり関係性がなく、これらに登場するのであればかなりサプライズ感はありそうです。また、現在撮影が続いている「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」もマルチバースを扱うと見られており、「ロキ」に登場した在り続ける者の変異体である征服者カーンが登場するため、関連度の高い作品となっています。

ロキは噂どおり「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」に登場するのでしょうか?それともまた別の作品に絡んでくるのでしょうか?

「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の公式概要は以下のとおりです。

危険すぎる禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは“マルチバース”と呼ばれる謎に満ちた狂気の扉を開いてしまう。何もかもが変わりつつある世界を元に戻すため、盟友の魔術師ウォン、そしてアベンジャーズ屈指の強大な力を誇るスカーレット・ウィッチことワンダにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。その宇宙最大の脅威とは、、、なんとドクター・ストレンジと全く同じ姿の人物で「宇宙への最大の脅威はお前だ」と不敵な笑みを浮かべていた…。
監督:サム・ライミ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ/エリザベス・オルセン/ベネディクト・ウォン/レイチェル・マクアダムス /キウェテル・イジョフォー/ソーチー・ゴメス

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です

ソース:Tom Hiddleston’s German Voice Actor Working on an Upcoming Marvel Movie

-ドラマ, 映画
-,

執筆者:

関連記事

「スパイダーマン:NWH」プロデューサーが、「これが最後の映画ではない」と語るが、関係者はまだ計画がないとも明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のプロデューサーをつとめるエイミー・パスカルさんが、海外メディア Fandango とのインタビューの中で、 …

映画「ブラックウィドウ」、日本公開も再延期に ─ ただし米国より一週間はやく公開

先日、米国での公開延期が発表されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」ですが、日本での公開も 2020年11月6日(金)から2021年4月29日(木・祝)に延期とな …

「ムーンナイト」撮影の裏側を描くドキュメンタリ「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ムーンナイトの裏側」が5月に米配信

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の舞台裏を描くドキュメンタリ番組「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ムーンナイトの裏側」が5月11日から米 …

アニメ「アイ・アム・グルート」にドラックスの登場が確認される

2022年ディズニープラスで配信予定のアニメ「アイ・アム・グルート」にガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのドラックス・ザ・デストロイヤーが登場する事が確認されました。本作のアートを担当しているマーク・ …

ジョン・クラシンスキーさんがマーベル・スタジオと面会 ─ ファンタスティック・フォーのリード役か?

ディズニーが2019年に20世紀FOXを買収し、同じくディズニーの傘下であるマーベル・スタジオは「X-MEN」と「ファンタスティック・フォー」の映画の権利を実質的に取り戻すことが出来ました。 これによ …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。