まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アイアンマン」の未公開ポストクレジットシーンが公開される

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最初の映画「アイアンマン」(2008年)のポストクレジットシーンの未公開バージョンが公開されました。本作のジョン・ファヴロー監督がジミー・キンメル・ライブに出演し、10年以上の時を経て、番組の中でその未公開シーンが放送されました。

sponsored link
 

未公開シーンはジミー・キンメル・ライブ公式Twitterに投稿された動画の1分35秒あたりから視聴出来るようになっています。

マザーフ○○カーエディションと題されたこのシーンは、フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンさんが様々な出演作品で連呼する放送禁止用語を取り入れたもので、トニー・スタークの「あんた誰だ」という質問に対して公開バージョンでは「ニック・フューリー、S.H.I.E.L.D.の長官」と答えている所を、このバージョンでは「ニック・フューリーだ、マザーフ○○カー」と返しています。

ジョン・ファヴロー監督はこれを「おもしろ半分に撮影した」と語りましたが、最終的にこのシーンはボツとなり、S.H.I.E.L.D.の長官としてアベンジャーズ計画を持ちかけに来るシーンが映画として公開されました。

サミュエル・L・ジャクソンさんの代名詞でもある「swear words(=卑語、汚い言葉)」であるこの「マザーフ○○カー」はハリウッド映画ファンの楽しみのひとつにもなっており、多い時では1作品で100や200を超える回数のこの言葉を連呼するなどしています。

MCUにおけるサミュエル・L・ジャクソンさんはこの要素が抑えられていますが、2018年公開の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のポストクレジットシーンではサノスによって塵になっていきながらこの言葉を口にしました。

フューリーは2019年公開の映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」以降MCUに登場しておらず、「アントマン&ワスプ:クアントマニア」の撮影に参加していたとも報じられていましたが公開バージョンには含まれていませんでした。

今春にはフューリーが主人公となるドラマ「シークレット・インベージョン」がディズニープラスで配信予定になっており、7月から11月へと延期になった映画「ザ・マーベルズ」にも出演予定となっています。これらの最新作品でこのワードを耳にする機会はあるのでしょうか。

sponsored link
 

映画「アイアンマン」はディズニープラスで配信中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」続編の制作が始まる

映画「スパイダーマン:スパイダーバース」の続編が、正式に制作に入ったことが判りました。 アニメーターのニック近藤さんが自身のTwitterに投稿。短いティザー映像とともに「仕事の初日」と記載してあり、 …

【噂話】「ミッドナイト・サンズ」実写化計画は依然として進行中

マーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)として「ミッドナイト・サンズ」の実写化を計画しているという噂が現在も進行中であると、海外メディア Cosmic Circus が報じま …

【噂話】映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」にウルトロン・セントリーが登場すると報じられる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」にウルトロン・セントリーが再登場すると海外メディア The …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、父と子の物語になる予定だったと監督が元の脚本の詳細を語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のライアン・クーグラー監督と脚本を担当したジョー・ロバート・コールさんが海外メディ …

ケヴィン・ファイギ社長がアイアンマンとブラックウィドウの復活について言及

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」のワールドプレミアイベントに出席し、海外メディア Entertainment Tonigh …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。