まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」にフューリーも登場する?サミュエル・L・ジャクソンさんがほのめかす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でS.H.I.E.L.D.の長官ニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンさんが、ポッドキャスト  Happy Sad Confused  に出演した中で、「アントマン」シリーズ3作目となる映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」への出演を示唆しました。

sponsored link
 

サミュエル・L・ジャクソンさんは番組の中で「昔は映画を作るのに時間がかかったんだよ。今でもそうだけど、マーベルの世界では異常なことに同時に2、3本の映画を撮る事があるんだ。今回、ロンドンにいたとき、『アントマン』があり、『キャプテン・マーベル2』があり、『シークレット・インベージョン』の準備中だった。だから、1回で3つのマーベル映画を作ったようなもんだったんだ。だから、あちこち飛び回っていたんだよ。」と語りました。

「シークレット・インベージョン」はフューリーが主人公の作品ですから当然として、「キャプテン・マーベル2」つまり「ザ・マーベルズ」への出演も以前より明かされていました。しかし今回の発言を文字通りに受け取るのであれば、サミュエル・L・ジャクソンさんはどうやらアントマン最新作にも出演していると考えられるようです。

先日は「シークレット・インベージョン」にローディやエヴェレット・ロスがいる事を示唆してしまったサミュエル・L・ジャクソンさんですが、立て続けに起こるネタバレ発言に今後も注目が集まりそうです。

「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」では1作目でヴィランのイエロージャケットを演じたコリー・ストールさんが再出演するという話や、ケイト・ビショップの登場なども過去に報じられています。

映画「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」は 2023年7月28日 米国公開予定です。

sponsored link
 

ソース:Did Samuel L. Jackson Just Spoil His Ant-Man 3 Role?

-映画
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「ファンタスティック・フォ」、リード・リチャーズ役の新たなオファーはまさかのジェイク・ギレンホールさん!?

マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」のチームリーダーであるリード・リチャーズ役として、次にオファーを受ける人物がジェイク・ギレ …

「アベンジャーズ/エンドゲーム」監督が、ロバート・ダウニー・Jrさんのアイアンマン復帰の意欲に困惑

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」などの監督を務めたジョー・ルッソ、アンソニー・ルッソ兄弟が、海外メディア GamesRada …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より自由の女神のコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のコンセプトアートを担当したマレク・オコンさんが、自身のTwitterにて本作に登場した自由の女神のコンセプ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」にはメインキャストの子どもたちも出演していると明かされる

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の主演を務めるクリス・ヘムズワースさんが、映画評論家のケヴィン・マッカーシーさんとのインタビューの中 …

映画「シャン・チー」脚本家が、本作はマーベル映画の見方を変える作品と語る

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「シャン・チー/テン・リングスの伝説」の脚本家デイブ・キャラハムさんが、海外メディア CBR とのインタビューの中で、本作がマーベル映画の見方を変え …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。