まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アイアンマン3」、ガイ・ピアースさんがMCU復帰の可能性について語る

投稿日:

2013年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン3」のヴィランを演じたガイ・ピアースさんが、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、今後のMCUに戻ってくる可能性は十分にあるだろうと語りました。

sponsored link
 

以前にも復帰について前向きな姿勢を見せていたピアースさんですが、将来的にMCUに再登場する可能性について質問されると「彼が戻ってくるのを見るのはとても楽しみです。そして、彼のようなキャラクターの性質上、彼が戻ってくる可能性は十分にあると思います。そうですね、彼が何をしようとしているのか、ぜひ見てみたいです。というのも、彼は『アイアンマン3』で見たように、物語の冒頭から急速に大きく変化した人物だからです。だから、彼がどこに行き着いたかなんて誰にもわからないんです。」と述べました。

ガイ・ピアースさんが演じたヴィランのアルドリッチ・キリアンはシンクタンク「A.I.M.」の創設者、社長として登場。最終的にはエクストリミスの力を手にしたペッパー・ポッツによって爆死したと考えられています。

マーベルのコミック史上においてA.I.M.はかなり重要なヴィラン組織であり、ヒドラと同等にヒーローたちを苦しめています。今後のMCUでヒドラが沈静化している間にA.I.M.が活動を再開するのではないかと考えるファンも多数います。また、MCUでのキリアンの活動経歴を見てもDNAや脳のバックアップを取っていたとしてなんら不思議はなく、マーベルの世界にあるテクノロジーを使えば復活はありえない話ではありませんし、そもそもエクストリミスの力で今なお再生中であったとしてもおかしくはありません。

A.I.M.については映画「ブラックウィドウ」の予告にその文字が含まれていた事から登場するのではないかと考えられていましたが、予告のシーンは公開バージョンでは少しアップの映像になったためか、指摘されていた箇所は画面には含まれず、物語自体もA.I.M.とは全く関係がないただのイースターエッグでした。

©MARVEL,Disney

A.I.M.関連の噂としては、コミックのA.I.M.のボスであるM.O.D.O.K.が「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」に登場するという話もありますが、ガイ・ピアースさんがマーベルの世界に戻ってくる事はあるのでしょうか。

映画「アイアンマン3」はディズニープラスで配信中です。

ソース:Guy Pearce Speaks Out on Return of His Iron Man 3 Villain Aldrich Killian

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

シルヴィ役ソフィア・ディ・マルティノーさん、「ドクター・ストレンジ2」登場の噂について言及

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」にてロキの変異体シルヴィとしてデビューしたソフィア・ディ・マルティノーさんが、映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マ …

「ニュー・ミュータンツ」の新しいポスターが公開

FOX制作によるX-MENシリーズの映画「ニュー・ミュータンツ」の新ポスターが公式ツイッターで公開されました。 映画タイトルと重なる部分がドクロになって見えるのが何とも不気味です。 These are …

スカーレット・ヨハンソンさん、インフィニティ・ウォーの撮影前にエンドゲームの結末を予期していたことを明かす

ブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフを演じるスカーレット・ヨハンソンさんが、エンパイアマガジンとのインタビューで、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」と「アベンジャーズ/エンドゲーム」での …

映画「ソー/ラブ&サンダー」のトレーラーが遅れているのは再撮影が影響しているという

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー/ラブ&サンダー」の公開まで4ヶ月を切りましたが、未だにファーストトレーラーが公開されていません。海外メディア The …

公式から映画「ソー/ラブ&サンダー」のおもちゃが紹介され、ロケ地で目撃されたいくつかの事実と一致している事が確認される

マーベルが公開を控えているMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー/ラブ&サンダー」のタイアップ商品を公式ページで発表しました。今回発表されたレゴとハズブロからの新商品となる …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。