まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「インクレディブル・ハルク」監督がブルース・バナー役交代の理由について新事実の見解を述べる

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「インクレディブル・ハルク」のルイ・レテリエ監督が Happy Sad Confused に出演し、MCUのハルク/ブルース・バナー役がエドワード・ノートンさんからマーク・ラファロさんへと変更された理由について、新たな私的見解を明らかにしました。

sponsored link
 

ノートンさんは「インクレディブル・ハルク」の脚本に参加し、2019年のニューヨクタイムズとのインタビューの中で「クリス・ノーラン監督がバットマンでやってきた事と、私も同じ道をたどっていました。長く、暗く、深刻なものでした。結局のところ、それは彼ら(マーベル・スタジオ)が望んでいたものではありませんでした。」と語っていました。

レテリエ監督はノートン版の脚本はハルクに変身するのは開始から40分も待つ予定だったといい、この展開はスタジオの話題にならなかったと言います。

「ハルクを待ちながら時計を見て、『いつハルクが来るんだろう?』と考えたくはありませんよね。ファンはブルース・バナーや他のみんなが登場する映画を愛し、ハルクが到着する瞬間を待ちわびているんです。」と語りました。

監督はノートンさんの言う「映画はもう少しシリアスであるべきだ」との意見に同意していたと付け加えつつも映画は対立をメインに取り扱っており、素晴らしい脚本と素晴らしい俳優たちがうまく機能し、緊張感を作り出したとし、ロス将軍役のウィリアム・ハートさんが特にその中心にいたと明かしました。

また、ノートンさんとスタジオとの意見の相違について、サウンドトラックにもその理由があると言います。

監督は「それがティーザーだったのか、サウンドトラック全体だったかは覚えていませんが、エドワードはトム・ヨークと大の友人で、彼はレディオヘッドに音楽をやってもらいたかったんです。彼は天才的でしたが、マーベルはもう少し典型的なハリウッドのサウンドトラックを推進していたと思います、そして私たちは妥協とは言いたくないですが、そのエレガントな中間点として作曲家クレイグを見つけました。彼はマッシブ・アタックと協力して忘れられないサウンドトラックを制作しました。」と述べています。

レテリエ監督は最後に、ノートンさんとの仕事が大好きで、ハルクとして戻らないと言われたときは驚いたと言います。

「彼が私を他の仲間の一員だと思っているかどうかは分かりません・・・。それはともかく、私は中立でした。私は文字通り、可能な限り最高の映画を作ろうという気持ちでした。そして彼がいなくなった後も、私は彼にいくつかのアイデアについてどう思うか尋ねていました。だから彼にこの映画を誇りに思ってほしかったのです。」

ノートンさんが続投していれば「アベンジャーズ」以降のMCUがどうなっていたのかは興味深い所ですが、後を任されることになったマーク・ラファロさんのハルクは交代直後はキャラクターの性格の微妙な違いに反論はあったものの、長い歴史の中で人気を確立し、多くのファンが新たなソロ映画を期待しています。

映画「インクレディブル・ハルク」はディズニープラスで配信中です。

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、父と子の物語になる予定だったと監督が元の脚本の詳細を語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」のライアン・クーグラー監 …

映画「ブラックウィドウ」の米国公開、現時点では延期なし

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の最新映画「ブラックウィドウ」が5月1日に公開を控える中、米ウォルト・ディズニー・カンパニー/マ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」はソーとジェーンのラブストリーを描くものではない?監督がコメント

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のタイカ・ワイティティ監督が、海外誌 Empire とのインタビュ …

【噂話】MCUのスケジュールに調整?「シャン・チー2」や「スパイダーマン4」について報じられる

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のフェーズ5及びフェーズ6のスケジュールに調整が入る可能性が話題になっています。これには映画「シ …

映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」よりエレメンタルズの未使用コンセプトアートが公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCUフェーズ3の締めくくりとなった映画「スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム」に登場したエレメンタルズの未使用コンセプトアートが公開されま …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。