まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」のサルマ・ハエックさん、クロエ・ジャオ監督とシナリオを巡って大激論した事を明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でエイジャックを演じるサルマ・ハエックさんが、海外メディア Elle とのインタビューで監督と大激論した事を明かしました。また、以前のインタビューでも明かした今作のキャスティングについて再度言及しました。

sponsored link
 

ハエックさんはインタビューの中でクロエ・ジャオ監督とのやりとりを以下のように述べました。

私は脚本に疑問があったので、私の家で真剣に(クロエ・ジャオ監督と)喧嘩をしました。お互いに情熱的でしたからね。すると彼女は『いや、でもそれは私がデザインしたものとは違う』と言ったんです。私の家の外にいた人たちは、私たちがなんだか叫んでいたので、喧嘩だと言っていました。でも、私たちはずっと話し続けていて、それがずっと続いたんです。外の人たちは、私がクビになるんじゃないかとドキドキしていました。喧嘩が終わって部屋から出た私は、「ワオ、彼女の頭脳に惚れた!」と言いました。それは私の人生で監督と交わした最高のクリエイティブな会話で、彼女も同じように感じていました。彼女も同じ気持ちだったようで、「あなたすごいわね」と言ってくれました。完全に自由でした。私たちは自分たちの中間点を見つけました。それを見つけながら、他のアイデアも出てきました。とてもエキサイティングでした。

大激論の末に双方が納得する着地点を見出す事が出来たというハエックさんは、ジャオ監督の事を以下のように評しました。

そこで何が起こったかというと、彼女がとても強いことに気づいたのです。彼女は自分が何をしたいのかを知っている。彼女は現場での明確なビジョンを持っていました。彼女は聞く耳を持っていますが、本当に賢い主張をしなければなりません。

喧嘩をしたと聞くといいイメージではありませんが、あくまでも建設的なものであり、ジャオ監督は俳優の意見を作品にフィードバック出来る能力を持ち合わせている事を証明したようです。どのシーンが変更されたかについては明かされませんでした。

また、ハエックさんは今作にキャスティングされた事について以下のように語りました。

ある日、電話がかかってきて、”えっ?と思って、よし、おばあさん役かな思ったの。まさか自分がエターナルズの一人になるとは思ってもみませんでした。彼女が私をエターナルズの一人だと言ったとき、私は「メキシコ人で中東人の私が?50代なのに?私がマーベル映画のスーパーヒーローになるの?」と思いました。

さらに、ハエックさんは「エターナルズ」に選ばれたときには、「認められたと感じた」と語っています。

有色人種の女性として、そして年齢的にも、見落とされていると感じることがあります。私はこの業界で長く生き残ってきたんだ、と思える瞬間でした。尊敬する人に認められた気がしましたが、彼女が私を見ていたとは知りませんでした。私はずっと、この人はクールだと感じていました。彼女は肝っ玉が据わっていて、おもしろい人です。

ハエックさんは以前の Variety とのインタビューでもこのオファーについて「イタズラかと思った」とコメントしています。

Comicbook.com とのインタビューでは本作におけるエイジャックの役割について、「彼女はメンバーの事を子供のように見守る存在」だと語っています。

「エターナルズ」の公式あらすじは以下のとおりです。

数千年にもわたり、宇宙的規模の“脅威”から人類を守り続けてきた者たちがいた。
彼らの名は、エターナルズ──。
『アベンジャーズ/エンドゲーム』のその後、地球に再び想像を絶する“脅威”が迫っていた。
その時、数千年の時を経て、エターナルズが人類の前に姿を現す。
地球滅亡まで彼らに残された時間は、あと7日……。
タイムリミットが迫る中、彼らは世界中に散らばった仲間たちと結集し、人類を守ることができるのか。
そして彼らを待ち受ける<衝撃の事実>とは……。

映画「エターナルズ」は 2021年11月5日 公開予定です。

ソース:Salma Hayek Admits She Fought With Marvel Director Over Eternals Script

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

「マダム・ウェブ」世界興収も大苦戦、スピンオフは白紙、続編は10年以上ないとも

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」が 2月14日 に米国とその他いくつかの地域で …

「スパイダーマン:NWH」プロデューサーが、「これが最後の映画ではない」と語るが、関係者はまだ計画がないとも明かす

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のプロデューサーをつとめるエイミー・パスカルさんが …

【ネタバレ注意】映画「スパイダーマン:NWH」のフィギュアのパッケージに写り込んでいる謎の頭が話題に

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のグッズに本作に関する噂のヒントが見つかったとして …

【ネタバレ注意】「デッドプール&ウルヴァリン」、公式グッズより映画の概要が明らかに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール&ウルヴァリン」の新たな概要が明らかになったと、 …

ブライス・ダラス・ハワードさんが映画「ファンタスティック・フォー」のキャスティングの噂を全力否定

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオが開発中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ファンタスティック・フォー」へのキャスティングを噂されている …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。