まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」、誰ならキャプテン・マーベルに勝てる?プロデューサーが回答

投稿日:

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に登場するエターナルズたちは地球人より遥かに強力な宇宙人たち。「誰が一番強いのか?」は誰もが持つ疑問のひとつであり、MCUでも極めて圧倒的な力を見せつけてきたキャプテン・マーベルに勝てるメンバーはいるのか、プロデューサーのネイト・ムーアさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューで明かしました。

sponsored link
 

キャプテン・マーベルに対抗できるチームメンバーがいるか質問されたムーアさんは以下のように回答しました。

キャプテン・マーベルがバイナリーになったら、それは大変なことです。それは、おそらく最も優れたフィジカルファイターであるキャプテン・アメリカが、宇宙の武器でパワーアップしたようなものです。

MCUではキャプテン・マーベルのバイナリーモードについて説明されていませんが、金色のオーラにつ包まれた状態はコミックのバイナリーモードに近い表現になっています。バイナリーモードになったキャプテン・マーベルはホワイトホールからパワーを引き出し、コズミックパワーにアクセス可能になり、熱、電磁スペクトル、重力のような恒星が持つエネルギーを完全に制御・操作することができるようになります。

ムーアさんはあくまでコミックの設定に基づいて、エターナルズではキャプテン・マーベルのバイナリーに敵わないと考えている事を明かしました。

また、今作のエターナルズの設定について以下のように説明しました。

私たちは、エターナルズがあまりにも神々しくなりすぎることを望んでいませんでした。なぜなら、彼らが親近感を持てなくなる危険性があるからです。ソーはその点、うまくやっていると思います。しかし、私たちは必ずしもランク付けをしているわけではありません。彼らは自分のポケットを占めているようなものだと思っていますし、将来的に、もし他のキャラクターと交わることがあれば、それを調査するのも楽しいことだと思います。

キャプテン・マーベルが今後のMCUでバイナリーモードに覚醒するようなことがあれば、さらに手がつけられなくなる可能性もありますが、一方でコミックでは強すぎた事もあってか、近年バイナリーは弱体化する方向で描かれてきています。

しかし、2020年からのコミックシリーズではアイアン・アーマー、ムジョルニア、キャップの盾を装備し、魔法まで習得するなど、バイナリーの弱体化を補おうとするかのようにパワーアップを果たしています。

©MARVEL

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)でも圧倒的な戦闘力を見せたキャプテン・マーベルですが、今後のクロスオーバー作品や、「ホワット・イフ…?」シーズン2などでエターナルズvsキャプテン・マーベルを目撃する日が来るかもしれません。

映画「エターナルズ」は 2021年11月5日 公開予定です。

ソース:Eternals Producer Reveals Which Character Could Possibly Take On Captain Marvel

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

ケヴィン・ファイギ社長、「ブラックウィドウ」のような前日譚映画は他のキャラにもあり得ると明かす

公開を控えるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」は、これまでシリーズで描いてきたキャラクターの過去を描く、シリーズでは異色の作品となっています。この事について、マー …

ベネディクト・カンバーバッチさん、本物の顎髭姿を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でドクター・ストレンジ役を務める俳優のベネディクト・カンバーバッチさんが、本物の髭を生やして撮影に臨んでいると海外で話題になっています。カンバーバッチさん …

「アベンジャーズ・キャンパス」がディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーにオープン!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)をテーマとしたエリア「アベンジャーズ・キャンパス」が7月18日にオープンとなることを、ディズニーが発表しました。 JUST ANNOUNCED: Aven …

ヒュー・ジャックマンさん「ウルヴァリンには戻らない」 ─ MCUでは別の誰かが演じる事を希望

俳優のヒュー・ジャックマンさんがThe Daily Beastとのインタビューで、ウルヴァリン役には戻らないとの胸の内を明かしました。 記事によると 7年前にそれ(X-MENとMCUの統合)が起こって …

クラーク・グレッグさん、「エージェント・オブ・シールド」のMCU非カノン説について言及

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン」(2008年)で初登場したフィル・コールソンを演じたクラーク・グレッグさんが、コールソンが主人公のドラマ「エージェント・オブ・シール …

What if…?関連記事

ロキ関連記事

ファルコン&ウィンター・ソルジャー関連記事

◆2021年10月1日「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」(日本2021年12月3日)
◆2021年11月5日「エターナルズ」MCU
◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本未定)
◆2022年1月28日「モービウス」(日本未定)
◆2022年5月6日「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」(日本未定)
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。