まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」、誰ならキャプテン・マーベルに勝てる?プロデューサーが回答

投稿日:

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」に登場するエターナルズたちは地球人より遥かに強力な宇宙人たち。「誰が一番強いのか?」は誰もが持つ疑問のひとつであり、MCUでも極めて圧倒的な力を見せつけてきたキャプテン・マーベルに勝てるメンバーはいるのか、プロデューサーのネイト・ムーアさんが海外メディア Comicbook.com とのインタビューで明かしました。

sponsored link
 

キャプテン・マーベルに対抗できるチームメンバーがいるか質問されたムーアさんは以下のように回答しました。

キャプテン・マーベルがバイナリーになったら、それは大変なことです。それは、おそらく最も優れたフィジカルファイターであるキャプテン・アメリカが、宇宙の武器でパワーアップしたようなものです。

MCUではキャプテン・マーベルのバイナリーモードについて説明されていませんが、金色のオーラにつ包まれた状態はコミックのバイナリーモードに近い表現になっています。バイナリーモードになったキャプテン・マーベルはホワイトホールからパワーを引き出し、コズミックパワーにアクセス可能になり、熱、電磁スペクトル、重力のような恒星が持つエネルギーを完全に制御・操作することができるようになります。

ムーアさんはあくまでコミックの設定に基づいて、エターナルズではキャプテン・マーベルのバイナリーに敵わないと考えている事を明かしました。

また、今作のエターナルズの設定について以下のように説明しました。

私たちは、エターナルズがあまりにも神々しくなりすぎることを望んでいませんでした。なぜなら、彼らが親近感を持てなくなる危険性があるからです。ソーはその点、うまくやっていると思います。しかし、私たちは必ずしもランク付けをしているわけではありません。彼らは自分のポケットを占めているようなものだと思っていますし、将来的に、もし他のキャラクターと交わることがあれば、それを調査するのも楽しいことだと思います。

キャプテン・マーベルが今後のMCUでバイナリーモードに覚醒するようなことがあれば、さらに手がつけられなくなる可能性もありますが、一方でコミックでは強すぎた事もあってか、近年バイナリーは弱体化する方向で描かれてきています。

しかし、2020年からのコミックシリーズではアイアン・アーマー、ムジョルニア、キャップの盾を装備し、魔法まで習得するなど、バイナリーの弱体化を補おうとするかのようにパワーアップを果たしています。

©MARVEL

映画「アベンジャーズ/エンドゲーム」(2019年)でも圧倒的な戦闘力を見せたキャプテン・マーベルですが、今後のクロスオーバー作品や、「ホワット・イフ…?」シーズン2などでエターナルズvsキャプテン・マーベルを目撃する日が来るかもしれません。

映画「エターナルズ」は 2021年11月5日 公開予定です。

ソース:Eternals Producer Reveals Which Character Could Possibly Take On Captain Marvel

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」サム・ライミ監督はMCU映画をあまり見たことがないと語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のサム・ライミ監督が、海外メディア Fandango とのインタビュ …

【噂話】映画「シークレット・ウォーズ」は二部作で計画が進行中?その他ワンダに関する未発表作品について報じられる

マーベルのヒーローとヴィランが集結し戦い合うコミック「シークレット・ウォーズ」の実写化計画が依然として進行中かもしれません。インサイダーのハリー・ボウルズ氏は、エリザベス・オルセンさんが新たに署名した …

X-MENキャストの同窓会にデッドプール役ライアン・レイノルズさんが乱入する動画が公開

先日行われたチャリティーライブ「Global Goal: Unite for Our Future」に映画旧「X-MEN」シリーズのキャスト、プロフェッサーX役パトリック ・ スチュワートさん、マグニ …

映画「ソー:ラブ&サンダー」のポスターがリークされたと報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」のプロモーションポスターがリークされたと海外で話題になっています。なお、本作は2022年7月公開予定であり、映画のプロモーシ …

ソニーはSPUoMCへのスパイダーマン導入をまだ決めかねていると報じられる

現在プロジェクトがストップしている「シルバー&ブラック」の監督、ジーナ・プリンス・バイスウッド氏が、 最新のインタビューで、ソニーはまだMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のスパイダーマンを …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。