まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」アダム・ウォーロック役募集の情報に監督は否定

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー vol.3」は脚本は完成している事が明かされており、現在撮影の準備を進めています。そんな中、海外メディア Illminerdi が独占スクープとして、本作でアダム・ウォーロック役として俳優を募集していると報じました。

sponsored link
 

記事によると、スタジオはザック・エフロンさんのような30歳前後のヒーロータイプの白人俳優を探しているとしており、アダム・ウォーロックとしての役割を演じると伝えています。

しかしこの記事を引用して、ガーディアンズシリーズのジェームズ・ガン監督は「Vol.3のキャスティングは進行中ではありません。 また、どのような世界で、金色の肌のキャラクターに対して「白人」だけをキャスティングするのでしょうか?また、ザック・エフロンのようなタイプが欲しければ、ザック・エフロンのところに行けばいいのではないでしょうか?こんなナンセンスなことをどこでやっているんでしょう?」と否定するようなツイートをしました。

確かにどうせ金色にボディメイクするのであれば、白人に限ってキャスティングするのはあまり意味がありません。

監督は今回の報道を否定する形になりましたが、ガーディアンズ2作目のラストでは、ソヴリンの女王アイーシャがガーディアンズへの復讐のために「アダム」を産むシーンで幕を閉じたため、今後の登場は想像に難くありません。

コミックのアダムは地球からはるかに遠い場所「ビーハイブ」と呼ばれる地で悪の科学者集団「エンクレイヴ」によって作り出された人造人間です。しかしエンクレイヴが自分のような存在を量産し、世界征服を目論んでいる事に気づいたアダムは脱走。その後、ハイ・エボリューショナリーに出会った際にまだ名前のなかった彼に「ウォーロック」という名を与えられ、そしてさらに額にソウルジェム(MCUでいうソウルストーン)を埋め込まれ、ソウルジェムの守護者として死と再生を繰り返すようになりました。さらにその後、カウンター・アースと呼ばれるもうひとつの地球でアダムという名で呼ばれるようになり、アダム・ウォーロックという名前が完成しています。

ソウルジェムの守護者であることから、映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」に登場すると思われていたアダムですが、ソウルストーンはまったく別の設定になり、アダム・ウォーロックが登場することはありませんでした。

監督はガーディアンズ1作目においてもコミックのアダムの繭をイースターエッグとして登場させており、アダム・ウォーロックに関するキャスティング情報は否定されたものの、アダムの登場自体はかなり可能性が高いと見られています。今後の情報には要注目です。

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の公開日は未定です。

sponsored link
 

ソース:GUARDIANS OF THE GALAXY VOL. 3: ADAM WARLOCK CURRENTLY BEING CAST FOR UPCOMING BLOCKBUSTER: EXCLUSIVE

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より内戦を予感させるオコエの削除シーンが公開

マーベル・スタジオが制作したMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より、ダナイ・グリラさん演じるオコエとダニー・サパニさん演じるエムカトゥの削除 …

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」ジェームズ・ガン監督がドラックスの能力を描ききれなかった事に謝罪

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのジェームズ・ガン監督が、デイヴ・バウティスタさん演じるドラックスがコミックの …

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のレゴリークから登場キャラクターの一部が判明

レゴの新作リーク情報を扱うサイト Brick Fanatics が、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のレゴ新作「76218 …

クリス・ヘムズワースさん、娘には「普通の子供時代を送って欲しい」と語る

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ソー:ラブ&サンダー」の主演を務めたクリス・ヘムズワースさんが、海外メディア Entertainment Tonight …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」、ネイモアのあそこが編集されていた事が判明

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」が先日公開され、米国では4.1億ドルから4.3億ドルを売り上げる見込みでヒットして …

PREV
ドラマ「ワンダヴィジョン」、初期の頃はアーロン・テイラー・ジョンソンさんの起用を考えていた事を監督が明かす
NEXT
ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」の新トレーラーが2本公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。