まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「エターナルズ」キンゴ役クメイル・ナンジアニさん、もともと「ガーディアンズ3」にキャスティングされていた事が判明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」でメンバーのキンゴを演じるクメイル・ナンジアニさんが、かつては映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」への出演が決まっていたために起用できなかったと、「エターナルズ」の脚本を担当したカズ・フィルポさんが明かしました。

sponsored link
 

カズ・フィルポさんは、ポッドキャスト「My Mom’s Basement」のインタビューの中で、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」への出演が決まっていたクメイル・ナンジアニさんを起用することができなかったことを次のように明かしました。

私たちは基本的に、最初からプロデューサーたちに「キンゴはクメイルでなければならない」と提案しました。すると彼らは、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3に出演しているからダメだ」と言ってきました。「ジェームズ・ガンはすでに彼を脚本に書き込んでいるので、クメイルはエターナルズには参加できない」と言っていました。

しかしその後、ガーディアンズのジェームズ・ガン監督はディズニーに解雇され、Vol.3の制作は一時中断されてしまいました。

ご存知のように、ガーディアンズはちょっとした騒動があって、映画は1年半ほど遅れてしまい、その後パンデミックが起きました。その役がどうなるかはわかりませんが、彼にとってはこれ以上ないほど良い結果になったと思います。彼のスケジュールが空いたことで、マーベルは「そうだな、彼に声をかけてみようかな」となり、その後は歴史の流れとなりました。

フィルポさんのコメントを受けてガン監督はTwitterで反応し、「私は、 GotG Vol.3に友人のクメイル・ナンジアニをカメオ出演させることを考えていました。ケヴィン・ファイギから電話があって、エターナルズでクメイルが主役を演じることになったと聞いたとき、私はもちろん、私の映画の役よりも彼が主役を演じるのを見たいと思いました。スケジュールの変更とは何の関係もなかったと記憶しています」と一部否定しつつも、友人のエターナルズデビューを祝福していた事を明かしました。

「エターナルズ」ではエターナルズとその創造主であるセレスティアルズとの関係が描かれましたが、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」にもセレスティアルズが登場しています。また、「エターナルズ」にはガーディアンズに関係の深いキャラクターも初登場した事で、ふたつのシリーズがクロスオーバーする可能性が出てきています。

もともとはナンジアニさんのカメオを考えていたというガン監督ですが、「ガーディアンズ」にキンゴとしてカメオ出演する事も今後あるのでしょうか。

映画「エターナルズ」は 2021年11月5日より劇場公開中です。

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「キャプテン・マーベル2」ヴィラン役にゾウイ・アシュトンさんがキャスティングと報じられる

マーベル・スタジオが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル2」のヴィラン役として、Netflixドラマ「ベルベット・バズソー: 血塗られたギャラリー」のゾウ …

アンドリュー・ガーフィールドさん、トム・ハーディさん演じるヴェノムと戦う事に興味を示す

2012年公開の映画「アメイジング・スパイダーマン」でスパイダーマン/ピーター・パーカーを演じたアンドリュー・ガーフィールドさんが、幻に終わった「アメイジング・スパイダーマン3」でトム・ハーディさん演 …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」、ヴェノムには別のプランがあったという

ソニー・ピクチャーズのMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の脚本を担当したクリス・マッケナさんが海外メディア Empire とのインタビュー(D …

ダニエル・クレイグさんがマーベル・スタジオと交渉中だと報じられる

映画「007」シリーズで6代目ジェームズ・ボンドなどを演じている事で知られるダニエル・クレイグさんが、マーベル・スタジオと交渉中でると海外メディア Giant Freaking Robot が報じまし …

映画「エターナルズ」監督、クレジット後のシーンは2つあり、「重要であり驚きである」と明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のクロエ・ジャオ監督が、本作のミッドクレジットシーン、ポストクレジットシーンについて少しだけ明かしました。F …

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。