まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のキャシー・ラングは18歳、監督が明らかに

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」のペイトン・リード監督が、Youtube番組 NerdBunker に出演し、本作の主人公アントマン/スコットラングの娘であるキャシー・ラングについて語りました。

sponsored link
 

ペイトン・リード監督は1作目の制作当時を振り返り、「ポール・ラッド(スコット・ラング役)と私が1作目に取り掛かったとき、『観客はポール・ラッドをスーパーヒーローとして受け入れてくれるだろうか?縮んでアリを操る男、アントマンをキャラクターとして受け入れてもらえるんだろうか?』と考えていました。そして、映画が公開され、観客はスコット・ラングに共感してくれたのだと思います。彼は超能力を持っているわけでもなく、超科学者でもなく、億万長者でもありません。たまたま巻き込まれた普通の人なのです。でも、映画で何をしたいか、キャラクターをどう見るか、家族の力をどう見るか、みんな成長したんだと思います。」と述べました。

そして、1作目、2作目では幼い少女でありながら主人公スコットを支えてきた娘のキャシーについて、「私たちにとって、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』の出来事の後、本当に思い浮かんだのは・・・キャシーはこの映画で18歳になるんだ!ということでした。それは素晴らしいことです。全体のテーマは時間であり、スコットがどれだけの時間を失ってきたかであり、彼の主な動機はただ『娘との時間が欲しい』ということです。そして今、彼はこの映画の悪役、時間を支配する征服者カーンと接触することになります。それは彼らにとってどんな意味を持つのでしょうか?でも、スコットがキャシーを子供のように思っているのはいいアイデアだと思います。彼女はもう大人で、世の中のためになることをするということについて自分なりの考えを持っていて、ヒーローとしての自分の声を見つけようとしているし、父親に対して少し批判的になることもあります。」と、キャシーが本作で18歳になると明言し、過去作に比べて、より自分らしさを身につけている事を明かしました。

そして、「それはとても豊かなことで、家族というものにとても親近感が湧きますよね?だって、自分がしたことを全部親に話すとは限らないし、親が経験したことを子供に全部話すとも限らない、それは私たちにとって刺激的なことだし、『アントマン』映画は常に家族について描いているんです。登場人物に様々な複雑な問題を投げかけて、彼らを限界まで追い込む、それがポールと私がこの映画で好きなことの一つだと思います。」と本作の魅力を語りました。

キャシー・ラングはほとんどのキャラクターと同じく年齢は設定されていませんでしたが、今回の「クアントマニア」時点でキャスリン・ニュートンさん演じるキャシーは18歳となるようです。ここを起点に「エンドゲーム」でサノスの指パッチンの影響を受けていなかった事と、マーベル・スタジオのプロデューサーが「クアントマニア」と「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」がほぼ同時期と発言していた事からキャシーの年齢を振り返ると、1作目時点では8歳、9歳ぐらいだったと考えられるようです。

幼いキャシーは父スコットのよき理解者であり、時にはアドバイザーでもありましたが、「クアントマニア」でヒーローとしてデビューする彼女は、彼女なりの意見や考えを持つことで、新たな側面が描かれる事になるようです。

映画「アントマン&ワスプ:クアントマニア」は 2023年2月17日 公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」、新たなリーク写真はヴィランの影響を示唆か

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3」の撮影現場でとられた新たな写真がSNS上で拡散されています。ガーディアンズシリーズでは珍しくない、 …

ブリー・ラーソンさん、映画「キャプテン・マーベル」公開記念日に、続編についてたったひとつだけ言える事を明かす

3月8日にMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・マーベル」の公開2周年を迎える記念として、キャプテン・マーベル/キャロル・ダンバースを演じるブリー・ラーソンさんが、自身のY …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」より自由の女神のコンセプトアートが公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」のコンセプトアートを担当したマレク・オコンさんが、自身のTwitterにて本作に登場した自由の女神のコンセプ …

映画「エターナルズ」からベッキー・リンチさんが削除されていたと言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」からWWEレスラーのベッキー・リンチことレベッカ・クインさんが削除されたと、プロレス系スクーパーの Figh …

映画「マダム・ウェブ」の新たなリーク写真で謎の主人公の職業が判明

ソニー・ピクチャーズが制作するSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「マダム・ウェブ」の撮影現場から、主演のダコタ・ジョンソンさんのアクションシーンの写真や動画がリークされました。本作の …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。