まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ2」、脚本家がトム・クルーズさん出演の噂の真相を明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」の脚本を担当したマイケル・ウォルドロンさんが海外メディア Rolling Stone とのインタビューに応じ、本作にトム・クルーズさんのアイアンマンが登場すると噂されていた事について言及しました。

sponsored link
 

本作にトム・クルーズさんが出演し、撮影を済ませたがカットされているという噂に対してウォルドロンさんは「ああ、あれは完全に作り話ですよ。つまり、トム・クルーズのカット映像はありません!でも、僕はトム・クルーズが大好きで、あるとき(マーベル・スタジオの社長の)ケヴィンに、トム・クルーズのアイアンマンを登場させる事は出来ませんか、と言ったことがあるのは事実です。昔、Ain’t It Cool Newsでトム・クルーズがアイアンマンになるという記事を読んだのを覚えているんです。」と要望を出していた事は事実としながらも、撮影は行われていないと明かしました。

インタビューの中では実際にトム・クルーズさんの参加について検討されていたものの、最終的には彼が「ミッション・インポッシブル」の7作目と8作目を撮影していた事もあり、オファーまでは到達しなかった事も明かしました。

トム・クルーズさんはもともと2008年の「アイアンマン」の主役候補のひとりで、今回マルチバースを通じて当時幻に終わったトム・クルーズ版アイアンマンが登場するのではないかと噂されていました。結局のところ噂は噂で終わってしまいましたが、単純なガセネタというわけでもなく、カメオは実際に検討されていたとの事で、クルーズさんのスケジュール次第では成立していた可能性もあったようです。

マルチバースに関する物語はこれで終わりではないため、今後また登場する機会はあるかもしれませんが、サプライズとなるためにはファンがすっかり忘れてしまう頃まで時間を空けなくてはならないと言えそうです。

本作の公式概要は以下のとおりです。

sponsored link
 

元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジは、禁断の魔術によって今とは異なる世界へ通じる扉を開けてしまった。 そこは無限の可能性が存在する“マルチバース”と呼ばれる無数のパラレルワールド。 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」での激戦の後、この謎に満ちたマルチバースの世界からの新たな脅威が人類に迫る中、ストレンジの前に立ちはだかるのは最凶の魔術を操る邪悪な“もう一人の自分”だった…。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 より劇場公開中です。

ソース:‘Multiverse of Madness’ Screenwriter Wanted Tom Cruise to Play An Alternate Iron Man

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、当初は2時間40分ほどあったと監督が明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のサム・ライミ監督が、海外メディア Collider とのインタビュ …

【噂話】【ネタバレ注意】映画「マーベルズ」には驚くべきカメオがあると言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「マーベルズ」の劇場公開まで2週間を切った中、急遽ポストクレジットシーンの再撮影が行われたと、複数の海外スクーパーが報じてい …

トム・ホランドさん、女性版スパイダーマンを見たいと語るもゼンデイヤさんは「トムに任せる」と返す

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の劇場公開を前に、トム・ホランドさん、ゼンデイヤさん、ジェイコブ・バタロンさんの3人が海外メディア Extr …

映画「サンダーボルツ*」、新たな舞台裏写真よりゴーストの新衣装が判明

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「サンダーボルツ」の新たなセット写真が海外スクーパーによって報告されています。その写真の中で「アントマン&ワスプ」より登 …

映画「X-MEN」シリーズでビーストを演じたニコラス・ホルトさん「MCUでもビーストを演じたい」

旧FOX制作の映画「X-MEN」シリーズでビースト役を演じたニコラス・ホルトさんは、マーベル・スタジオでのリブートが示唆されている「X-MEN」での再演に意欲を見せていることがわかりました。 ホルトさ …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。