まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のイタリア版ポスターは禁忌表現が規制されていると話題に

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のイタリア版ポスターに規制が入っている事が判明しました。Redditに投稿された英語版とイタリア版のポスターを比較すると、ドクター・ストレンジの手の形に違いがある事がわかります。

sponsored link
 

左がイタリア版、右がアメリカ版のポスターで日本版はアメリカ版に準拠しています。

調べによるとアメリカ版や日本版のドクター・ストレンジの手のジェスチャーはイタリアの一部地域では禁忌表現となっているジェスチャーとの事。

たてた人差し指と小指は、「牛の角」を意味し、イタリアでは男女ともにパートナーを寝取られた人間には角が生える、という迷信があり、このジェスチャーは「(お前は)NTRされた間抜けなヤツ」という意味になるそうで、絶対に使ってはいけないレベルのサインのようです。

なお、指の形は同じで手首を前に突き出すようなスパイダーマンのウェブシューターのフォームは規制されてはいないとの事。ドクター・ストレンジが映画でどうなるかは不明ですが、最悪の場合は手首から先にCGによる編集がイタリア版に加えられることになりそうです。

本作の公式概要は以下のとおりです。

元天才外科医にしてアベンジャーズ最強の魔術師ドクター・ストレンジは、禁断の魔術によって今とは異なる世界へ通じる扉を開けてしまった。 そこは無限の可能性が存在する“マルチバース”と呼ばれる無数のパラレルワールド。 「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」での激戦の後、この謎に満ちたマルチバースの世界からの新たな脅威が人類に迫る中、ストレンジの前に立ちはだかるのは最凶の魔術を操る邪悪な“もう一人の自分”だった…。

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」は 2022年5月4日 日本公開予定です

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「アイアンマン3」、ガイ・ピアースさんがMCU復帰の可能性について語る

2013年に公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「アイアンマン3」のヴィランを演じたガイ・ピアースさんが、海外メディア Comicbook.com とのインタビューの中で、今 …

映画「ブラックウィドウ」の特別映像が公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」の特別映像の日本語字幕版がディズニー・スタジオの公式Youtubeチャンネルにて公開されました。内容的には4月29日に北米で公開 …

映画「ザ・マーベルズ」には悲しい要素があると監督が明かす

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ザ・マーベルズ」のニア・ダコスタ監督が海外メディア Entertainment Weekly とのインタビューに応じ、近日公開予定の監督の最新作「 …

クラーク・グレッグさんがMCUに登場すべきS.H.I.E.L.D.エージェントを語る

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」に出演中の俳優のクラーク・グレッグさんが、LooperとのインタビューでMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)における今後のS.H.I.E.L.D.につい …

マーベル・スタジオ代表が映画「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」のクレジットシーンについてコメント

先日開催されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」のワールドプレミア会場で、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がソニー・ピクチャーズのSSU(ソニーズ・スパイダ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。