まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「デッドプール3」、コミッククリエイターが明かす望んでいたたったひとつの事

投稿日:

コミック「デッドプール」の作者であるロブ・ライフェルドさんが海外メディア Comicbook.com のポッドキャストインタビューの中で、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「デッドプール3」で見たかった一つの大きな事について語りました。そこでは、彼がディズニー、マーベル・スタジオとミーティングしていた事も明かされました。

sponsored link
 

ライフェルドさんは「ディズニーとミーティングをして、僕が何を望んでいるか聞かれたんです。ブランドン(司会者)、あのメールが手元に残っていて本当によかったよ。そして僕は会議で、『ほら、観客が望んでいるのは、ヒューのウルヴァリン、ライアンのデッドプール、それだけだ』と言ったんだ。『これは『エンドゲーム』と同じくらい大きなものになる可能性がある』ってね。」と明かしました。

そして、「そのディズニー会議の翌日、業界の友人(中略)が僕にこう言いました。『おい、ヒューが契約したぞ。彼らはやっているよ、ウルヴァリンが戻ってきたんだ』ってね。彼は、『俺を疑うな、疑うなよ。契約は成立している、彼らはやるんだ。』と。そして、僕は「これだ!」と思って、「ああ、なんてこった」と思ったんだ。彼らがいつ撮影したいのか、制作がどこを目指しているのかは知っていたし、その情報はすべて的中しているようだ。でも、いつ発表されるかは誰も知らなかったよね。」と述べました。

コミッククリエイターがいつもMCU作品に影響を与えるわけではありませんが、今回はクリエイターの望んだ事、そしてファンが望んでいた事が実現されたようです。

ウルヴァリンとデッドプールの対決は2009年の映画「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」で描かれましたが、ここに登場したデッドプールは原作からかけ離れたもので、演じていたライアン・レイノルズさん自身も黒歴史認定しており、2018年の「デッドプール2」ではタイムトラベルを利用して、黒歴史の自分を始末しました。

最新作では再戦が描かれるのか、それとも共闘になるのか、映画の公開は約2年先になっており、今後の新たな情報解禁にも要注目です。なお、キャンセルされたFOX版「デッドプール3」はロードムービーになる予定だったと、ライアン・レイノルズさんが過去のインタビューにて明かしています。

映画「デッドプール3」は 2024年9月6日 米国で劇場公開予定です。

-映画
-, , ,

執筆者:

関連記事

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」には別のヴィランが存在する?大手メディアの謎の投稿が話題に

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」にはトレーラーに登場していない別のヴィランが登場する可能性が高いと、海外メディア …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」公開に先駆けてデイリービューグルがTikTokを開設

ソニー・ピクチャーズが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の公開を控える中、劇中に登場する架空のメディア会社デイリービューグルがTikT …

【ネタバレ注意】映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」ミッド&ポストクレジットシーン解説

いよいよ公開されたMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」。今回もミッドクレジットシーンとポストクレジットシーンのふたつが用意されて …

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」、ヘイリー・アトウェルさんがペギーの現状と今後に言及

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」でキャプテン・カーターを演じたヘイリー・アトウェルさんが、海外メディ …

映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」より新たなキャラクターアートがリーク

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」の新たなキャラクターアートがSNS上でリークされています。今回は先日リークされてい …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。