まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」、チャーリー・コックスさんが今後について「あと10年は」と語る

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・テレビジョンが制作するMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」のチャーリー・コックスさんとヴィンセント・ドノフリオさんが、海外メディア Deadline とのインタビューに応じ、作品の今後について語りました。

sponsored link
 

チャーリー・コックスさんは先週撮影が終わったという本作を振り返り、「私の膝は10年前の状態ではないし、背中もそうではありません。本当に体力を必要とするショーでしたが、大好きでした。これ以外の方法はないだろうと思う、素晴らしい出来栄えです。」とコメント。

そして、「いつかは絶対にそれができなくなる時が来るでしょうが、今はできる限り最高の仕事をし、愛し続けるだけです。まだ番組を制作できていることに心から感謝しています。そしてうまくいけば、あと10年はいけると思います。」と今後について語りました。

また、共演者のヴィンセント・ドノフリオさんは「私たちはあまり一緒に仕事が出来ません。」と述べ、Netflix版の「デアデビル」に引き続き、今回も実際に共演したシーンはごくわずかである事を明かしました。

「デアデビル:ボーン・アゲイン」は来年3月に全9話配信される事が先日発表されました。これは当初予定されていたエピソードの半分であり、本作は海外ドラマでしばしば見られる前後編にわかれたスプリットシーズンとなる事が噂されています。

これに関してヴィンセント・ドノフリオさんが後編の事をシーズン2だと勘違いしているような発言も過去に見られていました。

なお、後編は11月から撮影が始まるとも報じられています。

後編の制作が思いの外遅くなる事は、「スパイダーマン4」にデアデビルやキングピンが登場するという噂の可能性を小さくするものであり、小さなカメオに留まるか、あるいは「スパイダーマン5」以降に持ち越される事もあるかもしれません。

ドラマ「デアデビル:ボーン・アゲイン」は 2025年3月 米ディズニープラスで配信予定です。

-ドラマ
-, , ,

執筆者:

関連記事

ドラマ「ロキ」、監督が5話の秘密のカメオを紹介

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」の第5話「未知への旅」に登場したスロッグは、5秒にも満たない登場ながらコミックフ …

ドラマ「エージェント・オブ・シールド」キャストとスタッフから感謝と別れの言葉を込めた動画が公開

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ドラマ「エージェント・オブ・シールド」のファイナルシーズンの最終回が米国にて放送されましたが、その直前にはキャストと制作スタッフから感謝とお別 …

MCUディズニープラスオリジナルドラマの米ケーブルテレビ配信が発表される

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」が米ABCケーブルテレビで放送される事が発表さ …

実写ドラマ「スパイダーマン・ノワール」正式発表、主演は噂どおりニコラス・ケイジさんに

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 ソニー・ピクチャーズとAmazon MGMスタジオが開発中とされていた実写ドラマ「スパイダーマン・ノワール」が正式に発表されました。この発表は …

ドラマ「ミズ・マーベル」、1話のチェックしておくべきポイントをピックアップ

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年6月8日配信のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」シーズン1エピソード1「Generation …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。