まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ

ドラマ「シーハルク」、主演のタチアナ・マスラニーさんはワンダを弁護したいと明かす

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の主演を務めるタチアナ・マスラニーさんが、海外メディア Phase Zero のインタビューの中でワンダ・マキシモフを弁護したいと語りました。

sponsored link
 

主人公のジェニファー・ウォルターズが弁護士である事から、法廷で弁護したいキャラクターがいるか質問されたタチアナ・マスラニーさんはワンダの名前を出し、「ええ、つまり、ワンダには厳しい時代があったような気がするんです。そして、それは彼女のために必要な弁護のような気がするんです。」と述べました。

MCUでは取り分けワンダの一般人への被害が描かれていますが、実際にはアベンジャーズそのものが被害ゼロで活動出来ているわけではなく、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」の序盤では少年チャーリー・スペンサーの母親がトニー・スタークに対して「あなたに息子を殺された、ソコヴィアで」と責めています。

この先も強力なヴィランが登場する事を考えると、アベンジャーズが全てを守りきれるかどうかは難しく、シーハルクやデアデビルのような弁護士が重要な鍵となるかもしれません。

また、A-Forceについて質問されると、マスラニーさんはシーハルクのリーダーシップを認めつつも、自虐的な部分もあるとして、チームリーダーとして相応しいかどうかは少し疑問を抱いていると明かしました。しかし、シリーズ後半では彼女がヒーローらしさを磨いていると明かし、以前の他のインタビューと同じくチーム結成を望んでいる事を語りました。

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の公式概要は以下のとおりです。

私はジェニファー。ヒーローじゃない。弁護士です――
本作の主人公は、地方検事としてバリバリ働く、ジェニファー・ウォルターズ。 彼女のささやかな願いは、ただ普通に仕事と恋を楽しむこと。 しかし、ある事故をきっかけに、突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまった…。

解禁された予告編では、手に入れてしまった力をコントロールするため、ハルクから直々に訓練を受けるジェニファーの姿がうかがえる。 その後は超人専門弁護士に抜擢され、アボミネーションやウォンなど、顧客となる様々なマーベル・ヒーローやヴィランによる騒動への対応に追われることに。そんな中、望まずして手に入れた最強の<ハルク>の力を巡る壮大な戦いが水面下で動き出し…?
アベンジャーズ最強の力と、弁護士として最強の頭脳をあわせ持つ“シー・ハルク”による、 前代未聞のリーガルコメディ・アクション、いざ開廷! 

ドラマ「シーハルク」は 2022年8月18日 よりディズニープラスで日米同時配信です。

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

サミュエル・L・ジャクソンさんがドラマ「シークレット・インベージョン」にローディがいることを認める

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でニック・フューリーを演じるサミュエル・L・ジャクソンさんがポッドキャスト Happy Sad …

「ムーンナイト」撮影の裏側を描くドキュメンタリ「マーベル・スタジオ・アッセンブル:ムーンナイトの裏側」が5月に米配信

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ムーンナイト」の舞台裏を描くドキュメンタリ番組「マーベル・スタ …

ドラマ「シークレット・インベージョン」はフューリーの過去も描く?サミュエル・L・ジャクソンさんがSNSを更新

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 現在撮影中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」の主人公ニック・フューリーを演じるサミュエル …

ドラマ「ロキ」S2よりウロボロスの初期アート公開、当初はとあるキャラの変異体だった

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ロキ」シーズン2より、キー・ホイ・クァンさんが演じたO.B.こ …

「ウェアウルフ・バイ・ナイト・イン・カラー」は単なる生映像ではないと監督が語る

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。 2022年のハロウィンスペシャルとしてディズニープラスで配信された「ウェアウルフ・バイ・ナイト」のカラーバージョンとなる「ウェアウルフ・バイ・ …

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

WhtaIfシーズン2関連記事

 ホワット・イフS2関連記事

ホワット・イフS2の関連記事一覧はこちら

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年10月25日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(日本未定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。