まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

ドラマ 映画

ドラマ「シーハルク」のタチアナ・マスラニーさんがA-Force結成をファイギ社長に呼びかける

投稿日:

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」で主人公シーハルク/ジェニファー・ウォルターズを演じるタチアナ・マスラニーさんが海外メディア Fuera de Foco とのインタビューの中で、A-Forceの結成にむけてケヴィン・ファイギ社長に呼びかけました。

sponsored link
 

インタビュアーから「シーハルクはコミック界で最も偉大なリーダーの 1 人として知られています。彼女がこのA-Forceのチームを率いるのを見たいですか?」と質問されたマスラニーさんは「イエス、イエス、イエス」とゆっくり力強く同意しました。そして「ケヴィン、私を雇って」とチーム結成に向けて呼びかけました。

A-Forceは「シークレット・ウォーズ」のイベント内で結成された女性中心のヒーローチーム。「シークレット・ウォーズ」終了後は誰もがその記憶を失っていましたが、唯一覚えていたシンギュラリティが助けを求めた事でEarth-616でも再結成されました。

シーハルクをリーダーとして、主なメンバーはキャプテン・マーベル/キャロル・ダンヴァース、メデューサ(ブラックボルトの妻、インヒューマンの女王)、ニコ・ミノル(日系魔法少女)、ダズラー(音を光に変えるミュータント、X-MEN、S.H.I.E.L.D.のエージェント)など。その他アメリカ・チャベスやレディ・ロキなども参加しました。

©MARVEL

シーハルクの今後のプロジェクトについては何も明かされていませんが、A-Force誕生のきっかけになったコミック「シークレット・ウォーズ」は映画「アベンジャーズ/シークレット・ウォーズ」として2025年11月の公開が予定されています。A-ForceのMCUデビューは叶うのでしょうか?

ドラマ「シーハルク:ザ・アトーニー」の公式概要は以下のとおりです。

私はジェニファー。ヒーローじゃない。弁護士です――
本作の主人公は、地方検事としてバリバリ働く、ジェニファー・ウォルターズ。 彼女のささやかな願いは、ただ普通に仕事と恋を楽しむこと。 しかし、ある事故をきっかけに、突然“シー・ハルク”の力を手にしてしまった…。

解禁された予告編では、手に入れてしまった力をコントロールするため、ハルクから直々に訓練を受けるジェニファーの姿がうかがえる。 その後は超人専門弁護士に抜擢され、アボミネーションやウォンなど、顧客となる様々なマーベル・ヒーローやヴィランによる騒動への対応に追われることに。そんな中、望まずして手に入れた最強の<ハルク>の力を巡る壮大な戦いが水面下で動き出し…?
アベンジャーズ最強の力と、弁護士として最強の頭脳をあわせ持つ“シー・ハルク”による、 前代未聞のリーガルコメディ・アクション、いざ開廷! 

ドラマ「シーハルク」は 2022年8月18日 よりディズニープラスで日米同時配信です。

-ドラマ, 映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】映画「エターナルズ」はディズニープラス限定のディレクターズカットが配信される?

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「エターナルズ」について、英国映画分類委員会(BBFC)は、劇場版より17分上映時間を延長した新しい分類を発表し、本作のディ …

映画「モービウス」日本語吹替版キャストが公開

ソニー・ピクチャーズ制作のSSU(ソニーズ・スパイダーマン・ユニバース)の映画「モービウス」の日本語吹替版のキャストが公開されました。主人公マイケル・モービウスを中村悠一さん、親友マイロを杉田智和さん …

ドラマ「シークレット・インベージョン」、キリアン・スコットさんがミュータント・スクラルを演じると報じられる

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「シークレット・インベージョン」。2022年配信予定の本作は同名コミック「シークレット・インベージョン」を実写化するも …

エレーナ・ベロワは映画「サンダーボルツ」以外にも登場が決まっていると言う

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」でブラックウィドウ/ナターシャ・ロマノフの妹エレーナ・ベロワを演じたフローレンス・ピューさんが、今後2本 …

マーベル・スタジオ特別映像が公開!スタン・リーの言葉と共に、「エターナルズ」の初映像も!!

ディズニーとマーベル・スタジオがMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の特別映像を公開しました。特別映像はスタン・リーの言葉から始まり、これまでのMCUを振り返りながら、ブラックウィドウ、シャ …

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2024年2月16日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)
◆2024年5月3日「キャプテン・アメリカ:ニューワールド・オーダー」(日本未定)
◆2024年7月26日「サンダーボルツ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。