まべそく

マーベル速報。MARVEL関連の情報をまとめております

映画

「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」、俳優がMCUでの16年不在の理由が映画で明かされると予告

投稿日:

本サイトのコンテンツには、広告リンクが含まれております。

マーベル・スタジオが制作中のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」で、2008年 公開の映画「インクレディブル・ハルク」より16年ぶりにサミュエル・スターンズを再演する事になったティム・ブレイク・ネルソンさんが、不在の理由が映画内で判明すると予告しました。

sponsored link
 

海外メディア ScreenRant とのインタビューで今回の再演について、ティム・ブレイク・ネルソンさんは次のように語っています。

「とても興奮しています。明日はアトランタへ向かい、引き続き作業します。16年前のキャラクターを復活させ、私とともに彼がどのように成長し、それがどのように現れたかを想像するのはとてもエキサイティングです。」

そして、「マーベルのチームは、彼が16年間何をしていたのか、そしてその理由について、実に興味深い説明、つまり啓示を思いついたんです」と突然再登場する事になった理由がある事を明かしました。

ティム・ブレイク・ネルソンさんが演じるサミュエル・スターンズは、「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」でコミックのとおりにヴィランのザ・リーダーになると予想されています。

「インクレディブル・ハルク」で見たスターンズは悪役そのものではなく、実験に関しては利己的で不誠実でしたが、ハルク/ブルース・バナーを助けようと動いていました。

そこから16年を経てキャラクターがどのように変化していったのか、そこは今回明かされることなく、来年の映画公開で確認するしかないようです。

本作はアンソニー・マッキーさんが主人公キャプテン・アメリカ/サム・ウィルソンを続投する他、「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」からダニー・ラミレスさん演じるホアキン・トレス、カール・ランブリーさん演じるブラック・キャプテン・アメリカ/イザイア・ブラッドリーが再登場。

その他、ヴィランとして映画「インクレディブル・ハルク」よりティム・ブレイク・ネルソンさん演じるザ・リーダー/サミュエル・スターンズが再登場し、故ウィリアム・ハートさんに代わってハリソン・フォードさんがサディアス・”サンダーボルト”・ロスとして登場。また、リヴ・タイラーさんが撮影現場で目撃されており、サディアスの娘ベティ・ロスを「インクレディブル・ハルク」ぶりに再演すると見られています。

映画「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」は 2025年2月14日 、米国にて劇場公開予定です。

ソース:The Leader’s Captain America 4 Return Teased By Incredible Hulk Star: “A Really Interesting Explanation… Revelation”

sponsored link
 

-映画
-, , , ,

執筆者:

関連記事

【噂話】マグワイア版「スパイダーマン」4作目の制作が進行中だと言う

ソニー・ピクチャーズが2002年から2007年にかけて公開したサム・ライミ監督の「スパイダーマン」シリーズの4作目が検討されていると、海外メディア Giant Freakin Robot が報じました …

ソニー・ピクチャーズが女性中心のマーベル映画を開発中

ソニー・ピクチャーズが新しいマーベル映画を開発中であると、海外メディアの Variety が報じました。 記事によると、Netflixのマーベルドラマ「ジェシカ・ジョーンズ」と「ディフェンダーズ」のエ …

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長がSAG-AFTRAストに対する声明を発表

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、世界中で映画やテレビ番組の製作がストップしている中、映画俳優組合(Screen Actors Guild)のストライキに関する声明を 海外メディア The …

キアヌ・リーブスさんがマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長と面会した事を認める

俳優のキアヌ・リーブスさんが映画「マトリックス レザクレクションズ」のプロモーションとして海外メディア Comicbook.com とのインタビューに応じた中で、あらためてMCU(マーベル・シネマティ …

ローラ役ダフネ・キーンさん、FOXがX-23のウルヴァリン映画を計画していた事を明かす

20世紀FOXが2017年に公開した映画「ローガン」でローガンのクローンとして作られた少女、X-23/ローラを演じたダフネ・キーンさんが、ELLE とのインタビューの中で単独の映画が計画されていたこと …

アガサ:オール・アロング関連記事

 アガサ:オール・アロング関連記事

アガサ:オール・アロングの関連記事一覧はこちら

X-MEN’97関連記事

エコー関連記事

◆2024年7月26日「デッドプール&ウルヴァリン」
◆2024年11月1日 SSU「ヴェノム:ザ・ラスト・ダンス」(米10月25日予定)
◆2024年12月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2025年2月14日「キャプテン・アメリカ:ブレイブ・ニュー・ワールド」(日本未定)
◆2025年7月25日「サンダーボルツ*」(日本未定)
◆2025年11月7日「ブレイド」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。