まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

MCU版「ブレイド」監督、旧シリーズの主演ウェズリー・スナイプスさんへのリスペクトを約束

投稿日:

先日、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)版の「ブレイド」でメガホンを取る事を正式に認めたバッサム・タリク監督が海外メディア IndieWire とのインタビューに応じ、本作が旧シリーズの主演ウェズリー・スナイプスさんへの敬意を表した作品になる事を約束しました。

sponsored link
 

インタビューの中でタリク監督は次のように述べています。

ウェズリー・スナイプスがやったことを否定することはできません。彼がブレイドの基本的かつ全体的な流れを作りました。黒人が今のスーパーヒーローの世界を作った、それが真実なのです。今回、マハーシャラ・アリのような才能にあふれた大物俳優や、脚本家のステイシー・オセイ・クフォーと一緒に仕事ができることになり、とても光栄に思っています。この部屋で彼らと一緒にいて、話を聞き、学びながら、この作品を作り上げていくことができて、本当に光栄です。

監督は以前に別のインタビューで「ブレイドのコミックにカノンはない」とも話しており、「ブレイド」の世界観の核となっているのはコミックではなくウェズリー・スナイプスさんの旧映画シリーズであると考えているようです。

1998年から2004年にかけてウェズリー・スナイプスさんが演じた「ブレイド」の映画シリーズは、吸血鬼ハンターvs吸血鬼というその物語性から血の描写が激しい映画でした。ブレイドの刀で切られた吸血鬼は灰と化すためホラー映画のような内臓が飛び散るようなゴア描写こそないものの、血飛沫に関してはそこらのホラー映画よりも激しいもので、異色のヒーロー映画となっていました。

マーベルがディズニーに買収された事で、その映像表現がどこまで認められるかは今の所不明です。他のマーベル映像作品の状況としては、20世紀FOXから続くことになったMCU版「デッドプール」3作目はR指定のヒーロー映画になるとアナウンスされています。しかし、ソニー・ピクチャーズ制作の「ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ」はコミックのカーネイジの残虐性にも関わらず、映画はPG-13に抑えられている事が判明しています。

本作はようやく動き始めたところであり、レーティングに関する情報が公開されるのはまだしばらく時間を要する事になりそうです。アカデミー賞俳優のマハーシャラ・アリさんを迎えて制作される新たな「ブレイド」、いったいどのような作品に仕上がるのでしょうか。

MCU版映画「ブレイド」の公開日は未定です。

ソース:‘Blade’ Director Bassam Tariq Teases MCU Vision: ‘We Can’t Deny What Wesley Snipes Did’

-映画
-,

執筆者:

関連記事

映画「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」のガルガントスはやはりシュマゴラスらしい

マーベルは「シュマ=ゴラス」という名前について権利を保有していない事が明らかになったと、海外メディア Comicbook.com が独占として報じました。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース) …

映画「ブラックウィドウ」フローレンス・ピューさん、今後MCUでエレーナとチームを組ませたいキャラクターを明かす

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」で妹エレーナを演じたフローレンス・ピューさんが、海外メディア Firstpost とのインタビューの中で …

サム・ライミさんが正式に「ドクター・ストレンジitMoM」の監督に! ─ スパイダーマン3以来久々のマーベル映画

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス」の監督について、今年の初めに前作でメガホンを取ったスコット・デリクソン監督が「創造 …

「マーベル・スタジオ/ヒーローたちの世界へ」が大阪大丸梅田店で8月10日から期間限定開催 ─ MCUの体感型展覧会

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に登場するヒーローたちを象徴するアイテムが身近に展示され、 その世界観の中で、写真を撮りながら楽しんでいただくことができる体験型のイベント 「 マーベル・ …

ドラマ「ミズ・マーベル」、イマン・ヴェラーニさんはMCUがEarth-616ではないと考えている

マーベル・スタジオ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)のドラマ「ミズ・マーベル」で主人公ミズ・マーベル/カマラ・カーンを演じているイマン・ヴェラーニさんが、本作のローンチイベント会場で …

PREV
アニメ「What if...?」よりキャプテン・アメリカ、ホークアイのゾンビポスターが公開
NEXT
映画「ヴェノム2」はラブストーリーであり、カーネイジは究極の敵だと監督、プロデューサーが語る

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シーハルク関連記事

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年1月13日 SSU「クレイヴン・ザ・ハンター」(日本未定)
◆2023年2月17日「アントマン&ワスプ:クアントゥマニア」(日本未定)
◆2023年7月28日「ザ・マーベルズ」(日本未定)
◆2023年10月6日 SSU「マダム・ウェブ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。