まべそく

MARVEL関連の情報をまとめております

映画

映画「ブラックウィドウ」監督がナターシャの葬儀を描かなかった理由を説明

投稿日:

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」のケイト・ショートランド監督が、ナターシャ・ロマノフが全宇宙を救うために犠牲になったにも関わらず、葬儀が描かれなかったことについて、海外メディア Variety とのインタビューの中で説明しました。

※この先は映画「ブラックウィドウ」のネタバレが含まれています。ネタバレが嫌な方はご注意ください。

sponsored link
 

2019年公開の「アベンジャーズ/エンドゲーム」ではサノスに対抗するためにトニー・スタークがインフィニティ・ストーンの力を使い、その身を犠牲に勝利をおさめました。しかしその過程ではソウル・ストーンを得るためにナターシャ・ロマノフも自ら犠牲になっていました。

しかし、物語のエンディングではトニーの葬儀が行われたもののナターシャについては触れられませんでした。この事について、エンドゲームのジョー・ルッソ監督は当時のインタビューで「トニーはこれが最後の作品ですが、ナターシャはそうではありません。」と説明していました。

監督はVarietyとのインタビューの中で、「スカーレットが私にこの話しをしてくれたのですが、彼女のキャラクター(ナターシャ)の性格的に、公の場での葬儀は好みでは有りません。だから、彼女がどこか田舎の本当にプライベートな場所に埋葬されているという事実は、理にかなっているとおもいました。」と説明しました。

トニー・スタークは「アイアンマン」でデビューして以降、いつだって目立ちたがり屋でしたし、ナターシャはというとスパイとして世間から身を隠し、いろいろな意味で自分を偽って生きてるキャラクターでした。

ナターシャ達をよく知る仲間たちだからこそ、葬儀の有無が別れる結末になったという事のようです。

映画「ブラックウィドウ」は劇場公開中 & ディズニープラス・プレミアアクセス配信中です。

ソース:https://variety.com/2021/film/news/black-widow-post-credits-scene-florence-pugh-julia-louis-dreyfus-1235015400/

-映画
-, ,

執筆者:

関連記事

映画「シャン・チー」主演のシム・リウさん、公開延期を受けてSNSでコメント

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「ブラックウィドウ」と「シャン・チー・アンド・ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス」の公開延期の発表を受け、シャン・チーを演じるシム・リウさんが …

トム・ヒドルストンさんとゾウイ・アシュトンさんが婚約しているようだと報じられる

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)でロキを演じるトム・ヒドルストンさんと、2023年公開の映画「ザ・マーベルズ」のヴィランを演じると報じられているゾウイ・アシュトンさんが婚約しているようだ …

映画「ニュー・ミュータンツ」、マジックと兄コロッサスの関係が公式サイトに明記 ─ 本編登場は?

米国での公開を控える20世紀FOX最後のX-MEN映画「ニュー・ミュータンツ」の公式サイトで、原作通りマジックに兄がいることが判明しました。 sponsored link   妹マジックと兄コロッサス …

原作どおりネビュラがインフィニティ・ガントレットを装着してしまう ─ カレン・ギランさん、動画で自室を公開

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の作品でネビュラを演じる女優のカレン・ギランさんが、Vogueの Perfect Night in シリーズの動画で自室を公開しました。動画内では新型コロ …

映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の上映時間は2時間28分1秒に

ソニー・ピクチャーズ制作のMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」の上映時間が最終的に2時間28分1秒に設定されたと、海外スクーパーのBSLが報じま …

PREV
映画「ブラックウィドウ」全世界で2億1,500万ドルの興行収入を記録し、2021年1位に
NEXT
ドラマ「ロキ」から変異体ロキたちのポスターが公開

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ミズ・マーベル関連記事

 ミズ・マーベル関連記事

ミズ・マーベルの関連記事一覧はこちら

ムーンナイト関連記事

ホークアイ関連記事

◆2021年12月17日「スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム」MCU(日本2022年1月7日)
◆2022年4月1日「モービウス」
◆2022年5月4日「ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス」
◆2022年7月8日「ソー:ラブ&サンダー」(日本未定)
◆2022年11月11日「ブラックパンサー:ワカンダフォーエバー」(日本未定)
◆2023年2月17日「ザ・マーベルズ」(日本未定)





管理人ミルク

アメコミと出会ってはや20年以上、初めて買ったマーベル・コミックはオンスロート。X-MEN vs STREET FIGHTERではシリーズを通してマグニートーを愛用。